【ファイナンス】投資の元手をつくるための貯蓄方法とおすすめの金融商品

f:id:navimedia:20190828093225j:plain

投資の元手をつくるための貯蓄方法とおすすめの金融商品 人生にはさまざまなイベントが存在します。
入学、卒業、就職、結婚、住宅購入、出産、子供の教育、引退、老後生活など、その度に、私たちは多額の支出をすることになるでしょう。
少子高齢化が急速に進み、多くの人たちが、老後の生活に欠かせない年金の給付額に不安を抱いています。
金融庁の審議会が提出した報告書の「老後資金2000万円不足」を巡る騒動が、大きな波紋を広げたのは、その証左に他なりません。
そして、その不安を解消する唯一の方法は、おそらく自助努力による資産形成でしょう。
そこで必要になるのが、投資の原資です。
今回は、計画的に貯蓄する方法と、初心者の方におすすめの金融商品について考えてみます。

毎月の収支を把握する

投資の原資を用意するためには、確実に効率良く貯蓄を増やす必要があります。
その際に大切なのが、毎月の収支を正確に把握することです。
家計の収支は、「収入」-「支出」=「可処分所得」ということになります。
会社員の方は、毎月の給料が収入です。
支出は、家賃などの固定費と、食事などの変動費に分けられます。
可処分所得というのは、自分の自由に使えるお金。
つまり、収入を増やすか、支出を減らすと、貯蓄に回すための余裕資金が可処分所得の中で増えます。

それを実行するためには、毎月、きちんと家計簿をつけることです。
毎月、どのような費目に、いくら支出しているかを把握できると、貯蓄を増やすことができるでしょう。

支出の見直しと貯蓄方法の工夫

家計簿を使うことで、家計の収支が把握できたならば、優先順位をつけて、支出項目を見直します。
おそらく、あなたの支出で大きな割合を占めているのは、家賃や保険料ではないでしょうか。
毎年、保険は改良された商品が登場します。
定期的な見直しで固定費を減らし、衝動買いや自炊を増やすことで飲食費などを抑えられれば、あなたの可処分所得は“グッ”と増えるはずです。

その一方で、貯蓄を増やすための工夫も必要です。
そこで、効果的な方法をひとつご紹介しましょう。
それは毎月の給料から定額を、別口座に移して、残金で、毎月やりくりするという方法です。
別口座に移した貯蓄には、一切手をつけないでください。
あっという間に、ちょっとした資金が貯まるはずです。

おすすめの金融商品

投資原資が用意できたならば、いよいよ今度は、資産運用です。
ただ、投資初心者の方々は、リスクを低く抑えた金融商品から始めるのが正解でしょう。

まず、「個人向け国債」はいかがでしょうか。
個人向け国債は国が発行体です。
個人でも購入が可能です。
こちらは元本割れのリスクがなくて、1万円からの購入が可能です。
投資初心者でも安心して資産運用が始められるはずです。
なお、年0.05%の最低金利保証がついていますので、それまで銀行預金しか経験がなかった人にとって、預金の一部を個人向け国債に回すことは、立派な資産運用になります。

また、日経平均やTOPIX(東証株価指数)と連動したETF(上場型投資信託)も、ひとつの金融商品であるにも関わらず、数多くの株式銘柄が組み入れられていることになり、いわゆる分散投資をしているのと同じ効果があるため、低リスクの投資が可能になります。
こちらも初心者の人に、おすすめかもしれません。

最後に、海外の通貨を購入するFX(外国為替証拠金取引)です。
FXは、自国通貨を証拠金として外国の通貨を買うという、とても仕組みがシンプルな投資方法です。
また、少額から始められる点で、初心者向きではないでしょうか。
FXの最大の特徴は、担保となる手元資金に“レバレッジ”をかけて、何倍もの取引ができる点にありますが、初心者の方は、あえてレバレッジをかけずに、日本よりも高い外国通貨との金利差に注目した取引も可能です。
なお、FXはインターネットを通じて、平日なら24時間取引が可能で、しかも外貨預金より手数料がかなり安いというメリットがあります。

さて今回は投資の元手をつくる方法とリスクを抑えた金融商品について紹介しました。
まずは貯蓄が確実に増やせるように、無駄な支出を削減しましょう。
そして、ご紹介したようなリスクの低い金融商品を使って資産形成を始めましょう。
早く始めれば、始めるほど、投資は有利になります。
銀行の預金で、資産が増えることはありません。
みなさんが迷っている間に、投資の機会はどんどん減ってしまうのです。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.