「毅然とした『民意』が、ハードブレクジットの可能性を高める」(志摩力男氏 特別寄稿)ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20190827125939p:plain

毅然とした『民意』が、ハードブレクジットの可能性を高める

ブレクジットを巡る状況は大きく変化しました。ブレクジットを実現できなかったメイ政権は倒れ、「合意なき離脱」でも構わないと考えるボリス・ジョンソン氏が新首相に就任しました。
メイ政権が倒れた最大の理由は、北アイルランド国境問題を解決できなかったからです。北アイルランドとアイルランドの間に国境を設けないと決めた「ベルファスト条約」を維持しつつ、EU離脱で生じる国境管理は両立しません。

そのため、解決策が見つかるまで英国がEU関税同盟に留まると定めたのが「バックストップ」条項ですが、この「バックストップ」条項のために、英国は自らの意思のみでEUを離脱することが法的にできなくなります。「離脱協定案」が保守派から支持されないのは、この「バックストップ」条項が理由です。
しかし「離脱協定案」以外の離脱、すなわち「合意なき離脱」では英経済に多大なショックをもたらすと想定されています。英財務省及び英中銀はGDPが8%も下落すると推計しています。物流が途切れ、食品や薬の輸入に困難を来たし、日常生活は大混乱となるでしょう。そのため、多くの(約60-70%の)英議員は「合意なき離脱」に反対です。

私は、国会議員の多数が「合意なき離脱」に反対している以上、最終的にEU側と合意した「離脱協定案」での離脱しかない。よって、どんなに激論となっても「離脱協定案」でのブレクジットとなると想定してきました。その場合、売り込まれている英ポンドは大きく買い戻されることになります。

ところが、英国民は主権が制限される「離脱協定案」を徹底的に拒否しました。
保守党への支持率は極端に低下、政党支持率では第5位まで落ち、新たに誕生したブレクジット党に支持を奪われました。この毅然とした「民意」故に、議員達もどんな形であれ、ブレクジットを実現しなければならなくなっています。 ブレクジットは経済問題ではなくなりました。
「国民投票」で示された民意を実現できるのかどうか、民主主義の問題になっています。 何が何でもブレクジットを実現しなければならないので、「合意なき離脱」の可能性は高まっています。
これから離脱期限の10月31日に向けて、様々なことが起こるでしょうが、この「民意」を考えると議員たちは下手なことはできません。何が何でも10月31日にブレクジットを実現しなければならないと考えていることでしょう。

EU側と合意した離脱協定案による離脱が実現した場合、経済は大きな混乱なくブレクジットが実現し、しかも暫くは関税同盟に残ります。そうなると、ポンドは極めて割安なので買い戻されることになります。対ドルでは、現状1.2200前後ですが、1.30以上には楽に上昇するのではないでしょうか。英中銀は利上げを行うことになります。
逆に、離脱協定案以外の「合意なき離脱」となった場合、短期的にポンドは猛烈に下落することになります。英中銀等は1.00のパリティを割り込むと見ていますし、他の金融機関も同様なひどい予想を持っています。

私の相場感としては、「合意なき離脱」がいくら大変とは言え、十分予想されていることなので、ポンドは下落するでしょうが、それは一瞬で終わるのでは、と考えています。その後、急回復でしょう。現状の1.22前後でブレクジットを迎えるのであれば、1.15前後ぐらいまで下落しますが、その後1.22を超えるようなラリーになると想定しています。

<英国EU離脱特集>

志摩力男氏96_130.jpg 志摩力男 氏
慶應義塾経済学部卒。1988年ー1995年ゴールドマン・サックス、2006-2008年ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任、その後香港にてマクロヘッジファンドマネージャー。独立した後も、世界各地の有力トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.