「このままだと解散・総選挙?ポンドは続落!」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20190903152748p:plain

ジョンソン英首相が主導し9月12日から1カ月英議会が休会となったことを受け、親EU派の議員は、EU離脱期限の延期を求める法案を提出することで合意した。

具体的には10月19日までにEUとの離脱協定再交渉がまとまらない場合は、2020年1月31日まで離脱期限の延ばすよう、英首相はEUへ掛け合うことを強制するというものだ。

これらの動き受け、ジョンソン英首相は法案可決の際は解散・総選挙を行う意向だとされている。

総選挙は10月14日のと報道もあり実現した場合は、保守党中心の政権となり合意なきEU離脱へ進むのか、労働党中心の政権となり、離脱期限の延長となるか、いずれかのシナリオに決まることになりそうだ。

一連の報道でポンドは下落している。ポンド/米ドルは3日に1.20を割り込み、2017年1月以来の安値を付けた。

f:id:gaitamesk:20190903152829p:plain

<英国EU離脱特集>

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top