「ハードブレグジットは当面なし?ポンド/円上昇 」通貨ペアランキング

f:id:gaitamesk:20190814150737p:plain

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップ」「取引量」をランキング表示した。

集計期間:
2019年9月2日から9月6日の営業日

変動率ランキング

今回最も値動きがあったのはランド/円だった。前回の集計週は3位(3.57%)だったが、今回の変動率は4.81%となり、変動幅をさらに広げ1位となった。
期間中のランド/円は、4日(水曜日)にランド高・円安が進み、その勢いを週末まで維持した。2位に入ったポンド/円は、同じく4日にポンド高・円安となったが、これは英国のEU離脱について「ハードブレグジット」が避けられるとの見通しから、リスクオフが和らいだためと見られる。10月末のEU離脱にこだわるジョンソン英首相に対し、英下院は離脱内容が固まらない場合、来年1月末までEU離脱期限を延ばすよう英首相に対しEUとの交渉を義務付ける法案を提出した。これが英下院で可決見込みとなると、下落していたポンドが上昇してリスクオフの巻き戻しとなった。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象20通貨ペアの中で14通貨ペアだった。その内の9つが3%以上の変動幅だった。また1%未満の通貨ペアは無く、前週同様に値動きのあった集計週だった。
ドル/円相場は上値の重かった106円50銭台を若干上抜けて、新たな上昇トレンドを探る展開になっている。とはいえ大きな変動とは言えず、変動率は1.41%でランキングは前回から大きく順位を下げ全体の19番目であった。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 ZAR/JPY 4.81% 7.249 6.916
2 GBP/JPY 4.34% 132.173 126.674
3 MXN/JPY 4.11% 5.471 5.255
4 TRY/JPY 4.07% 18.826 18.089
5 SEK/JPY 3.78% 11.107 10.702
6 GBP/USD 3.30% 1.23534 1.19586
7 NZD/JPY 3.27% 68.827 66.649
8 NOK/JPY 3.19% 11.928 11.559
9 AUD/JPY 3.08% 73.279 71.091
10 NZD/USD 2.79% 0.64434 0.62685
11 AUD/USD 2.60% 0.68613 0.66872
12 CAD/JPY 2.56% 81.218 79.192
13 EUR/JPY 2.37% 118.607 115.861
14 CNH/JPY 2.37% 15.053 14.705
15 CHF/JPY 1.81% 108.777 106.844
16 EUR/AUD 1.61% 1.6352 1.60923
17 HKD/JPY 1.47% 13.669 13.471
18 EUR/USD 1.45% 1.10844 1.09261
19 USD/JPY 1.41% 107.226 105.739
20 USD/CHF 1.34% 0.99283 0.97974

 

スワップポイントランキング

期間中のスワップポイントを合算した本ランキングは、前回集計週からほとんど変化が無かった。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり、左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 おおよその必要取引高
1 MXN/JPY 740 546,900
2 ZAR/JPY 710 721,300
3 CNH/JPY 700 1,503,000
4 EUR/USD 528 1,178,771
5 USD/CHF 493 1,068,990
6 TRY/JPY 488 186,970
7 USD/JPY 408 1,069,190
8 GBP/USD 343 1,313,757
9 EUR/AUD 222 1,178,695
10 CAD/JPY 196 811,650
11 GBP/JPY 187 1,313,820
12 NZD/USD 129 686,976
13 HKD/JPY 120 1,362,300
14 AUD/JPY 98 732,300
15 NZD/JPY 85 687,050
16 CHF/JPY 80 1,082,390
17 AUD/USD 71 732,224
18 NOK/JPY 70 1,189,100
19 EUR/JPY 10 1,178,790
20 SEK/JPY 0 1,106,500

 

取引量ランキング

期間中、取引量で特に目立った変化はなかった。トルコリラ/円は前回4位だったが、今回は7位へ下落している。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 GBP/JPY 2
3 AUD/JPY 3
4 EUR/JPY 5
5 EUR/USD 7
6 GBP/USD 8
7 TRY/JPY 4
8 MXN/JPY 6
9 ZAR/JPY 9
10 NZD/JPY 10
11 AUD/USD 12
12 EUR/AUD 11
13 CAD/JPY 13
14 NZD/USD 15
15 USD/CHF 17
16 CHF/JPY 16
17 CNH/JPY 14
18 NOK/JPY 20
19 SEK/JPY 18
20 HKD/JPY 19

 

まとめ

この集計週は、ポンドの上昇につれて、リスクオフの巻き戻しが目立つことになった。ポンド/円などは大きな陽線が出現するなど、相場転換の可能性を思わせるチャートの動きになっており、以降の値動きが楽しみな展開になっている。

スケジュールを確認すると、12日にはECBの政策金利発表が予定されており、利下げや追加緩和策についてどのような発表があるのかについて注目したい。また、トルコ中銀の政策金利発表についても、市場が予想する利下げとなるのか、またその際のトルコリラ/円の値動きがどうなるかについて、しっかり確認したい。

■関連情報
外為情報ナビ「騰落率」※画面中段
外為情報ナビ「取引データ」

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.