オージー/円 陽線続きで売り方の買い戻しが続く。ジリ高推移のウチは下がりにくいか。

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20190916103055j:plain


■ オージー/円 陽線続きで売り方の買い戻しが続く。ジリ高推移のウチは下がりにくいか。
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。対円の通貨ペアはいずれも上伸を見せていますが、オージー円が一番安定した動きを見せているのではないでしょうか。ボリンジャーバンドの幅は若干広がりつつありますが、それでも、始値・高値・安値・終値のいずれもが先々週末対比で1円強の上伸ということで、文字通り安定した上昇トレンドを描いているように感じられます。
移動平均線は、短期・中期が上昇、長期が下落という形でした。実体線の上伸を長期の移動平均線が遮ることもなく、また、短期の移動平均線が長期の移動平均線とゴールデンクロスを実現する可能性が極めて高くなってきています。移動平均線を総合的に見ると、チャートの下支え要因になっていることは間違いがなさそうですね。
今週は、引き続き買い先行で臨みたいところです。先週1週間の動きを見る限り、全く陰線が出現する気配がありませんので、何も変化がなければ堅調推移が続くのではないでしょうか。こういった相場付きの場合、ジリ高が続くうちは下がりにくい展開、一方で、大きく伸びれば天井を付ける可能性が高いと思いますので、利食いと損切りをOCOで入れるような形で対処するのがよいのではないかと思います。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 長期の移動平均線を超え、薄日が差してきた。上伸基調が続くか。
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた値幅は1円強ですので、それほど大きなものではありませんが、終始堅調な展開を続けました。また、週末も高いレベルで引けていますので、先高感のやや強い形状と言えるでしょう。MACD線も久しぶりにゼロラインを越えてきていますし、夜が明けたという表現がぴったりではないでしょうか。これだけ陽線が続くと、売り方も買い戻しを余儀なくさせられる状況と言えそうです。
今週は、というか、今週も買い先行で臨みたいところですね。チャート上に売りを示すものはほとんど見当たりませんし、これだけ陽線が連続して出現すると売り方の焦燥感もハンパないものとなっているのではないでしょうか。もちろん、8月上旬の戻り高値が当然に意識されるレベルではありますガ、長期の移動平均線もかなり横ばい症状を見せており、チャートそのものが買い転換する可能性もあるように思います。

■ ユーロ/円 ドル円に遅ればせながら、下ヒゲでようやく上向きに舵取りを変えたか。
先週は、木曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。木曜日は一時、かなり安いところを攻めましたので、そのまま引けていれば下落トレンド入りの可能性もあったのですが、フタを開けてみれば一転、大きく戻して陽線引け、金曜日も高いレベルを維持していますので、木曜日の長い下ヒゲが逆にサポートとして機能しそうな印象を与えています。
今週は、買い先行で臨まざるを得ないと思います。9月上旬までは、だらだらと下落トレンドが続く状況でしたが、最近の反転後の動きを見る限り、やはり短期・中期の移動平均線のゴールデンクロスが契機となり、それ以後は戻り高値を何度も繰り返し超えてくる動きが続いている状況です。長らく続いた下落トレンドもついに終焉を迎えたという判断をするべき局面に差し掛かっていると思います。

■ ポンド/円 上伸基調ながら、ボラティリティの高まりが得意な人以外は手出し無用か。
先週は月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初は、先々週の流れを引き継ぎ徐々に長期の移動平均線に接近する動き、そして週末に大きく上伸したことで、チャートのブレイク感が色濃く表れています。反発の契機になったのは9月4日の陽線ですが、このレベルで買いで入るのはかなり難しく、9月9日辺りで買い参戦できた方は、木曜日の下ヒゲ形成にも耐えられたかもしれません。そういった方だけが金曜日の上伸を取れた相場なのかもしれないですね。
今週は、ボリンジャーバンドの幅が一気に広がってきていますので、ボラティリティの高まりに注意が必要とはいえ、やはり買い先行で入らざるを得ないと思います。8月の取引価格帯を楽勝では回ってきていますし、もはや下落トレンドへの逆戻りのリスクは相当程度低いのではないかと思われます。利食いも損切りも、チャート上にはあまりヒントがありませんから、参戦するなら短期トレード、しっかりと利食い・損切りが求められるような気がします。


■ ユーロ/ドル 中期・長期の移動平均線に挟まれて動きにくい展開か。
先週は、木曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。注目ポイントは何と言っても木曜日で、9月3日の安値近辺まで下落しましたが、その後急速に買い戻され陽線引け、金曜日も上伸が続いたことで、下落リスクは一旦解消しているものと考えられます。ただし、金曜日は、若干上ひげが目立つ状況ですので、戻り売り圧力もそこそこ存在することがチャートから見て取れます。
今週は、様子を見るのが正解ではないでしょうか。実体線が大きく動いた割にボリンジャーバンドの幅が狭くなってきており、一方でMACDはゴールデンクロスからゼロラインへ向けて上伸中ということで、チャート指標のアンバランス感が目立つように感じられます。8月23日と8月26日の足形で形成した「コブ」もやや重石となるような気がしますし、売り買いの判断はかなり難しい状況だと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20190916103115j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.