ユーロ/ポンドに人気集中 ジーコムサーベイ by Twitter

f:id:gaitamesk:20190820145303j:plain

みなさんの気になる「あのこと」をTwitterでアンケート!
今回のお題は「Q.追加導入される通貨ペア(主要通貨系)で取引してみたいものはどれ?」です。

アンケート結果

調査期間:9月17日17時~9月18日12時
調査数:63名

f:id:gaitamesk:20190918172211p:plain

ユーロ/ポンドに人気集中

外為どっとコムでは9月30日(月)より新たに10通貨ペアを追加導入します。

新たに10種類の通貨ペアを追加導入

今回は主要通貨のうち、あえてドルと円以外の通貨ペアで取引してみたいものを選んでいただきました。
結果は「ユーロ/ポンド」が56%と最も多く、「ポンド/豪ドル」が21%、「豪ドル/NZドル」が17%、「豪ドル/カナダドル」が6%と続きました。

予想通りユーロクロスの代表格である「ユーロ/ポンド」が最も人気を集め、その割合も過半数を突破しています。
ユーロ/ポンドは流通量2位、4位を誇る通貨の組み合わせであることから流動性が高い通貨ペアといえます。
ただ、ユーロ圏の経済・政治不安や英国の欧州連合(EU)離脱=Brexitの動向によっては一方向へ一気に傾きやすいため注意が必要です。
そのため今後の展開次第で大きなトレンドを形成する可能性もあり、その点が投資家に評価されたのかもしれません。

やや意外なのは2位の「ポンド/豪ドル」ですが、こちらは暴れ馬のポンドとリスクオン・オフに敏感な豪ドルの組み合わせということもあり、値動きの大きい通貨ペアのひとつとして知られています。
短期トレードでのチャンスの多さが人気を獲得した理由かもしれませんが、Brexitの動向から米中情勢、資源、株価までチェックする材料が比較的多く、予想外の動きにも常に備えなければならない点には注意です。

その反対に、僅差で3位となった「豪ドル/NZドル」は、隣国でともに資源国通貨、金融政策も横並びのため連動性が高く、値動きも穏やかになる傾向があります。
こちらはオセアニアの情勢を睨みながらじっくりトレードしたいという向きに選ばれたのかもしれません。

外為どっとコムの新通貨ペア導入は9月30日(月)からとなりますが、実際にはどの通貨ペアに人気が集まるか気になるところですね。

↓前回のアンケートはこちら
Q.投資家待望のロシアルーブル

「為替チャート|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top