勝率新王者は鹿児島!ブレグジット決定前後の覇者は山形県 外為トレーダー統計 2019年9月19日号

f:id:gaitamesk:20190829095240p:plain

日本全国47都道府県のトレーダーを徹底調査!(※1)
外為どっとコム49万会員のいまがわかる。

【特集1】FX最強地域2019年8月

外為どっとコムのお客様の傾向を都道府県別でご紹介。
前月の「FX最強地域」が明らかに!

2019年8月 1人あたり取引数量トップ10(単位:千通貨)

f:id:gaitamesk:20190917170230p:plain

夏相場で順位変動!「夏の鳥取」は安定感をみせる

今回の特集1は「8月のFX最強地域」です。
都道府県別に毎月の取引数量、勝率、スワップポイントのランキングを発表します。
まず1人あたり取引数量は宮崎県が213.4万通貨(※2)で調査開始以来初めてとなる首位を奪取しました。

続いて愛媛県が203.4万通貨と僅差で2位、鳥取県が155.6万通貨で3位と続いています。
鳥取県は過去5年間の夏相場対決でも3位の実績を誇り、「夏の鳥取」を印象づけました。

これでトップランカーが入れ替わり、前月のトップ3である佐賀県(1位→6位)、徳島県(2位→5位)、栃木県(3位→15位)はともに大きく順位を下げています。

なお、外為どっとコムの支店が位置する沖縄県は7月(35位)から8月(24位)にかけて大きく順位を駆け上りました。

2019年8月 勝率トップ10

f:id:gaitamesk:20190917170307p:plain

「技巧の福井」惜敗で王者交代!

次は8月の勝率(※3)ランキングです。
こちらは鹿児島県が72.52%、福井県が72.47%(通常は少数二位以下を四捨五入)という非常に僅差の争いとなりました。
月別ランキングで連続トップを走ってきた「技巧の福井」ですが、今回は鹿児島県に王者の称号を明け渡しました。

7月、8月ランキングとも6位(7月:67.3%、8月:67.9%)に甘んじてきた鹿児島県が今後もトップを維持できるのか目が離せません。
また、7月ランキングで11位(65.6%)とランク外だった岩手県が3位(70.9%)まで順位を上げて、7割台の争いに加わってきたことも注目です。

2019年8月 1人あたりスワップポイント トップ10(単位:円)

f:id:gaitamesk:20190917170336p:plain

安定の「スワップ長者・香川」、千葉の追い上げに注目

月別ランキングのラストは1人あたりスワップポイントです。
こちらは安定の香川県が21.6万円で「スワップ長者・香川」の矜持を保ちました。
ただし、香川県の減額(21.8万円→21.6万円)に対し、3位の千葉県が地道に追い上げてきている(18.3万円→18.4万円)ことが目を引きます。

そのほか、熊本県が7月の11位(16.1万円)から9位(16.5万円)へと浮上してトップ10に加わっています。
8月は四国・九州勢の勢いが感じられる「熱い南」の夏となりました。

【特集2】あのときの勝者は?英ブレグジット決定前後勝負!

10月末の離脱期限が迫るなか、英国の欧州連合(EU)離脱=ブレグジットをめぐって英国内外の政争が激化しています。
英国のEU離脱を問う国民投票が行われたのは2016年6月23日。
当時のポンド相場は大きく乱高下して市場に激震が走りました。

そこで特集2では、ブレグジット決定前後2週間(2016年6月16~30日)に着目し、ポンド/円とポンド/ドルの取引量・勝率を調査しました。

英ブレグジット决定前後 1人あたり取引数量トップ10(単位:千通貨)

f:id:gaitamesk:20190917170449p:plain
※ポンド/円、ポンド/ドルの取引量です

全力トレードの滋賀県が圧倒!

まずは1人あたり取引量ランキングを発表します。
ブレグジット決定前後(2016年6月16~30日)の期間中で最もポンドの取引量が多かったのは滋賀県。
前述の月別ランキングの首位(213.4万通貨)を凌駕する243.7万通貨を記録して他県を圧倒しました。

さらに滋賀県は合計取引数量でも1位の東京に続いて2位に食い込んでいることにも要注目です。
これは人口(東京都人口:1位、滋賀県人口:26位)を比較すると驚異の結果であることがわかります。
もともと滋賀県は月別ランキングでもトップ10に名を連ねるランキングの常連ですが、ブレグジット決定前後でポンドの取引をさらに増加させたようです。

そのほかトップ以外に目を向けると、高知県と徳島県がそれぞれ2位、3位につけるなど四国勢の活躍も目立ちました。

英ブレグジット決定前後 勝率トップ10

f:id:gaitamesk:20190917170523p:plain
※ポンド/円、ポンド/ドルを対象とした勝率です

山形県、全国唯一の70%台へ到達

今回のオーラスは本命のブレグジット勝率ランキングです。
こちらは山形県が70.1%で首位を奪取!
山形県は月別ランキングで7月、8月とも9位でトップ10の下位を走っていますが、ブレグジット決定前後で眼を見張る活躍をしていたことがわかります。

もっとも山形県は2018年通算の勝率ランキングでも75.2%で首位を独走した実力派。
神経質なブレグジット決定前後のポンド相場で勝率7割を叩き出したのも頷けますね。
また、山形県は前述の取引量ランキングでも7位と健闘するなど、ブレグジット勝負で唯一のダブルランクインとなりました。
ブレグジット勝負の総合トップは山形県といっていいでしょう。

なお、トップ以下は茨城県が67.7%で2位、愛媛県が64.7%で3位と続いています。
8月ランキングで両県はそれぞれ43位、23位でしたが、この調査でポンド相場との相性の良さを感じさせる結果となりました。
今後の英国をめぐる動向でどのような動きを見せるのか気になるところです。

結果まとめ

2019年 8月全国最強FX地域

f:id:gaitamesk:20190917170554p:plain

英ブレグジット決定前後勝負

f:id:gaitamesk:20190917170629p:plain

※1 数値はすべて稼働顧客のみを対象としたものです。
※2 数値はすべて小数第二位を四捨五入しています。
※3 「プラスになった決済回数÷決済の総回数」で算出。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.