【ファイナンス】いよいよ投資の世界にAIが登場「ロボアドバイザー投資」を知っていますか?

f:id:navimedia:20190919105613j:plain

近年、あらゆる業界でAI(人工知能)を使ったビジネスが始まっています。
金融業界もそのひとつです。
日銀のマイナス金利政策で、日本の金融機関の貸出金利も、超低金利が続き、利益を生み出しにくい状況にあります。
そのため、今後、より一層の業務効率化と生産性向上が求められることでしょう。
そこで今、最も期待されているのがAIであり、具体的な事例として注目を集めているのが、AIを活用した「ロボアドバイザー投資」なのです。
ところで、このロボアドバイザー投資とは、どのようなものなのでしょうか。

ロボアドバイザー投資とは

投資信託やETFなどの金融商品の売買やポートフォリオの最適化など、資産運用をAIが代行するサービスを「ロボアドバイザー投資」と呼びます。
これまで一般的な投資手法といえば、金融機関や投資専門紙、インターネットサイトなどから、投資家個人が投資対象に関する情報を集め、経験や知識などに基づいて、売買の銘柄やタイミングを決定するというものでした。
一方でロボアドバイザー投資は、AIが投資家の属性やリスク許容度から、それに見合った投資対象や資産配分を提案し、資産運用を自動で行うというものです。
ロボアドバイザーの中には、提案や助言だけを行うものもあります。

専門知識がなくても大丈夫

ここでロボアドバイザーの特徴を列挙してみましょう。
これまで資産運用で成果をあげるためには、豊富な専門知識、高い情報収集能力、それらを活用する高度なスキルが必要だとされてきました。
中でも、資産配分(ポートフォリオ)の決定は非常に重要で、市場動向のみならず、政治、経済・社会情勢を見極める力も求められました。
ところが、ロボアドバイザー投資ではAIがこれを行います。
言い換えると、豊富な専門知識や高度なスキルがなくても、自分の投資目的やリスク許容度などにあったポートフォリオを、ロボアドバイザーが作成・運用してくれます。

ロボットが可能にした客観運用

投資で最も気をつけなければならないことは、感情に振り回されることです。
多くの人が、価格上昇に喜び、欲を出し、価格下落に悲観し、不安を抱きます。
そうした感情に振り回されて、売買の判断を誤ることも少なくありません。
ロボアドバイザーは運用データを分析し、客観的なルールのもとに、投資判断を行います。
投資である以上、その結果がいつも正解になるとは限りませんが、感情が原因で、投資の判断ミスを起こすことはないと言えます。

手軽で簡単、コストも安く、ファンドラップよりもお得?!

ロボアドバイザー投資の良いところは、手軽で簡単なことでしょう。
専用アプリが用意した質問に順番に答えるだけで、簡単に投資が始められます。
そして、適正なポートフォリオを維持するための資産のリバランスも自動で行います。
仕事が忙しくて、投資活動のための時間がなかなか取れない人には、魅力的でしょう。

また、ロボアドバイザー投資は、しばしば「ファンドラップ(ラップ口座)」と比較されます。
ファンドラップとは、証券会社などが投資家から預かったある程度の資金を管理し、運用を行うというものです。
投資家個人の投資目的や投資期間にあった明確な投資方針のもと、投資対象の比率を考え、ポートフォリオを構築し、投資一任運用をするというものです。
もともと富裕層向けのサービスとして誕生しました。
ラップ口座では、信託報酬(投資信託の管理手数料)、購入手数料やラップ口座の管理コストとして、実質的に3%近い負担がかかるとされていますが、一方のロボアドバイザー投資は年1%程度のサービス手数料で済むものがほとんどです。
同じようなサービスでありながら、AIの利用で、ファンドマネジャーよりもコスト競争力が高くなるのです。

成長著しいロボアドバイザー投資

ロボアドバイザー投資を行っているサービスの中には、すでに預かり資産が約1600億円、申し込み件数23万件超(2019年7月11日時点)というところもあります。
また、最低投資金額が1万円からと、比較的少額から始められたり、提携するカードのポイントを投資に回せたりするサービスもあります。
投資対象も国内の金融商品だけでなく、海外ETFをポートフォリオに組み込めるので、国内金融商品に限定されているファンドラップよりも、幅広い運用が可能です。
このようにロボアドバイザー投資は投資初心者にとってメリットの大きい投資手法でしょう。
資産形成が求められている今、まだ何も始めていない人は、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.