米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方109円00銭域、下方104円50銭域、目標値各々117円50銭域、100円50銭域変らず。前回からPF上意味のある動きなし。

2019年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。


米ドル/円

2019年9月20日(金)

 

 

f:id:matsumoto_fx:20190921102726j:plain

USDJPYのPF

 

『相場の森 』:

 

98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ドル/円の最高値)を起点とする中長期下降トレンドを形成。この中長期下降トレンドのデインジャー・ポイント・ショート(DPS) 125円域を2015年6月5日突破し、98年8月以来継続した中長期下降トレンドが壊れ、75円50銭域を起点とする中長期上昇トレンドに転換しました。デインジャーポイントは105円00銭域。

そのデインジャーポイント105円00銭域を2016年6月16日突破し、125円50銭域を起点とする中長期下降トレンドに転換しました。
デインジャー・ポイント・ショート(DPS)は115円00銭域から2016年8月16日111円50銭域に引下げ。

2016年11月23日DPS111円50銭域を突破し、中長期上昇トレンドに転換しました。DPは99円00銭域。2017年2月DPを102円00銭域に引き上げ。

 

『相場の木 』:


2016年11月14日DPS107円域を上方に突破して短期上昇トレンドに転換。DPは100円00銭域。2016年11月23日102円00銭に引き上げ。2017年1月17日112円00銭域に引上げ。2017年2月10日111円00銭域に引下げ。3月22日にDP111円00銭域を突破し、短期上昇トレンドは壊れ、更に2017年8月21日短期下降トレンドに転換しました。DPSは114円50銭域。
2018年10月3日直近3度続けてバランスを上方にブレークし、DPSの114円50銭域を突破して、上昇トレンドに転換。DP=108円00銭域。
2019年8月2日短期下降トレンドの転換、DPS=112円50銭域。


バランスの下方へのブレークアウト・ポイント111円50銭域を12月20日突破しての下値目標103円00銭域に対して2019年1月3日107円50銭域まで下落後、1月16日三枠転換により消滅しました。

バランスの上方へのブレークアウト・ポイント112円00銭域を2019年4月12日突破しての上値目標117円50銭域は5月6日サンワク転換により消滅しました。


バランスの下方へのブレークアウト・ポイント109円00銭域を5月13日突破しての下値目標102円00銭域に対して6月25日107円00銭域まで下落後、7月8日108円50銭域まで戻り三枠転換により下値目標は消滅しました。

直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント106円50銭域を2019年8月2日突破しての下値目標99円50銭域に対して8月12日105円00銭域(終値ベース105円26銭)まで下落後、8月29日三枠転換により消滅しました。


現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方109円00銭域、下方104円50銭域、目標値各々117円50銭域、100円50銭域は変りません。前回からPF上意味のある動きはありませんでした。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
松本 鉄郎
東京銀行、Citigroupを通じトレーディングや資産運用業務に従事。その実戦での対象は外国為替、国内外株式、国内外債券、短期金融商品、商品、ヘッジファンド、不動産、プライベートエクィティ等極めて広範囲に及ぶ。『ポイント&フィギュアによる実戦相場予測』を講演会やメディアを通じ広める。
top