オージー/円 戻りの鈍さに加え、勢いを感じさせる下落を見るにつけ、上昇トレンドへの回帰は難しいか。

f:id:okinawa-support:20190923074101p:plain


今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20190923074139j:plain


■ オージー/円 戻りの鈍さに加え、勢いを感じさせる下落を見るにつけ、上昇トレンドへの回帰は難しいか。
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初の上伸は全く力ないもので、一方、週末にかけての下落は、陰線の形状・大きさのいずれを取っても、買い方の期待を砕くものとして十分な評価を与えることが可能なものと言えそうです。
移動平均線は、短期・長期が下落、中期が上昇という形でした。短期の移動平均線が下落に向かったということで、週末にかけての実体線の下落がいかに大きかったかということが分かります。また、実体線の居場所自体も3本の移動平均線を下回ってしまい、対円の通貨ペアの中では、非常に先安感の強い形状になっています。
今週は、売り先行で臨みたいところです。9月上旬の上昇トレンドの勢いは残ってるかもしれませんが、直近のチャートの形状の悪化度合いが限りなく悪い評価の対象となり、何と言っても、実体線の居場所が3本の移動平均線を下回ってしまったという点は見過ごすことができません。短期と長期の移動平均線がデッドクロスを見せたこともありますし、大きな下落に繋がるかどうかは別にしてしっかりと売りポジションを作って下落を狙ってみたいところです。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上昇機運を砕く週末にかけての陰線の出現。仕切り直し。
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週央にかけ上値を模索しましたが、週末にかけ反落、月曜日の寄り付きを下回ってたことから、やや下値不安の大きな形状となっての越週です。このところ、何をヒントに買われているのか、何を材料に売られているのかが全く理解できない動きが続いていて、しかも値動きが乏しいこともありますので、あまり真剣に相手にしない方が良いかもしれませんね。
今週は、やや売り方向で見るべきでしょうか。実体線の居場所自体は取引価格帯のまだ上方に位置していますが、やはり、先週後半の下落は買い方に対してあまり良い印象を与えるものではありません。もちろん、下げ止まりを見せれば再度、上伸基調に戻る可能性もありますけれども、中期の移動平均線水準辺りまでの調整は想定されるところではないでしょうか。そこまでの下落を取りに行くのかどうなのか、そんな相場だと思います。

■ ユーロ/円 上値の重さが際立ち、買い方もたまらず投げたか。
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。従来よりドル円から出遅れる動きを見せていましたが、先週も何となく同じような印象で、週央にかけての戻りもそれほど元気の良さを感じさせるものではなく、一方、週末にかけての下落は、比較的勢いを感じさせるものでした。 ユーロドル次第のところはあるかもしれませんが、やや下値不安の大きさを感じさせる週末の引け味だったことは間違いがないところです。
今週は、売り先行で臨んでみたい感じがします。12日の下ヒゲ部分に差し掛かってきていますが、先週後半の下落の勢いを考えると、構わず売り先行で臨んでよいのではないでしょうか。9月上旬にかけての下落トレンドの勢いが残っていないとも限りませんし、買われれば買い戻すだけの話、しっかりと売り先行で臨みたい感じがしています。

■ ポンド/円 週末に下落したが、対円の通貨ペアの中ではマシな方。戻すならすかさず買いたい。
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。ドル円・ユーロ円と異なり、まだ値を保っている印象を受けるチャート形成となっています。実体線は週末に陰線を引きましたが、今なお中期・長期の移動平均線の上方に位置していますし、少し戻れば戻り高値を更新する期待も見え隠れしているところが大きな違いと言えるでしょう。
今週は、先週末に陰線を引いたことで、少し様子をみたいところではありますが、切り返して戻り高値をうかがうような動きになるのであれば、すかさず買い先行で臨みたいと思います。9月上旬以降の上昇トレンドの勢いが仮に残ってるとすれば、ここでの戻り高値更新は買い先行スタンスを取ることで十分に有利性を求めることができるのではないでしょうか。


■ ユーロ/ドル 売りかいを論じるチャートではないような気がする。
先週は、月曜日に高値を付け、火曜日に安値を付ける展開でした。チャートを見てお分かりのように、陽線と陰線が交互に出現、まるでパンダ模様かと思わせるほど、脈絡のない動きを続けていて、ほとんど値幅のない中、上下に何度も振らされる展開が続いているとしか言いようのないチャート形成となっています。
今週は、様子を見るよりなさそうですね。何と言っても。チャート上、強弱を示すヒントがあまりにも少ない状況ですので、「相手にしない」のが得策ではないでしょうか。移動平均線は下向き推移を続けていますが、一方でMACDは上方へ向かっていますし、チャート的にアンバランス感を醸し出しているという点を強く感じさせる形状になっていますので、売り買いに固執するのではなく、次の動きを見極めるのがよいのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20190923074159j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.