安定のユーロ/ポンド人気/高金利通貨=トルコリラとの認識が定着 投資アンケートレビュー 2019年9月26日号

f:id:gaitamesk:20190822164117p:plain

外為どっとコムの口座開設者のお客様を対象にアンケートを実施。
集計した回答から見えてくる傾向を紐解きます。

調査期間
2019年9月20日(金)13:00~2019年9月24日(火)24:00

有効回答数
814件

Q1.ドルと円以外のクロス通貨で現在取引している、または今後取引してみたいものはどれですか?(いくつでも)

f:id:gaitamesk:20190926155133p:plain

安定のユーロ/ポンド人気

外為どっとコムでは9月30日(月)より新たに10通貨ペアを追加導入します。

FX取扱い通貨ペアを追加

そこで今回は先日のジーコムサーベイに続き、外為どっとコムのお客様にも「ドルと円以外のクロス通貨で現在取引している、または今後取引してみたいものはどれですか?(いくつでも)」とお聞きしてみました。

その結果は「ユーロ/ポンド」が44.9%と最も多く、「ユーロ/豪ドル」が15.1%、「ポンド/豪ドル」が9.0%、「豪ドル/NZドル」が8.4%、「ユーロ/トルコリラ」が7.9%などと続きました。

ツイッターでアンケートをとった結果(56%)ほどではないものの、ここでもユーロクロスの代表格であるユーロ/ポンドに人気が集中しました。
自由記述形式によるコメント欄でその理由をお聞きしたところ、「取引量の多い通貨だから」と流動性の高さが挙られたほか、「EU離脱で大きな動きが期待できるため」など今後のボラティリティに期待する向きも見られました。
また、なかには「監視通貨ペアとして活用できる」との声もあり、欧州通貨をトレードする際の有力な材料とみる方もいるようです。

さらにボラティリティに着目する向きは2位以下の「ユーロ/豪ドル」や「ポンド/豪ドル」にも見られ、こちらのコメント欄では「ボラティリティが高く短期的なトレードは面白い」「朝から晩までよく動くから」との声も散見されています。

一方で「ユーロ/トルコリラ」を選んだ方からは「トルコリラの高金利が魅力」との声が寄せられており、通貨ペアの特性と自身のトレードスタイルを把握したうえで適切に回答している姿が窺えました。

Q2.新興国通貨で現在取引している、または今後取引してみたいものはどれですか?(いくつでも)

f:id:gaitamesk:20190926155212p:plain

高金利通貨=トルコリラの認識定着

次の設問は「新興国通貨で現在取引している、または今後取引してみたいものはどれですか?(いくつでも)」です。
こちらの結果は「トルコリラ」が29.3%と最も多く、次点の「南アフリカランド」が15.3%、「メキシコペソ」が13.4%、「中国人民元」が12.7%などと続きました。

「トルコリラ」がトップを飾ることは予想通りでしたが、その割合も約3割と高い人気を改めて確認する結果になりました。
そのコメント欄もやはり「スワップポイントが魅力だから」などと金利の高さを挙げる声が多くみられたほか、「米中関係が落ち着いたあとの新興国の発展の要として存在するのでは」といった中長期的な経済発展に期待する意見もありました。

続く2位と3位の「南アフリカランド」と「メキシコペソ」のコメント欄にもやはり高金利を理由とする声が並びましたが、こちらも「今後経済成長が見込めるのはアフリカ」や「(メキシコは)若い労働人口に魅力を感じる」などと両国の将来性に期待する声が挙がっています。

一方、5位の「インドルピー」は10.7%とさほど得票率は伸びなかったものの、数多くのコメントが寄せられました。
その内容には「これからの爆発的発展力が見込まれる」「今後経済大国になりそうで将来性がある」「前途有望な途上国通貨であるため」など前向きなものが立ち並び、トップ3の高金利組と比較しても通貨そのもののファンダメンタルズへの期待感がさらに強く感じられるものとなりました。


「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.