「合意なき離脱は想定済み ポンドは今後アウトパフォームか」(雨夜恒一郎氏 特別寄稿)ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20191001143733p:plain

ユーロ/ポンド相場で現状を確認

英国のEU離脱の期限である10月末まであと1か月を切ったが、離脱の方法をめぐってジョンソン英首相と議会の合意はできておらず、合意なき離脱(ハードブレグジット)の可能性が高まっている。ハードブレグジットの場合の英国及びEUに対する経済的・社会的影響は計り知れず、そこから相場を予想することは極めて困難だ。そこで本稿では、「相場の息吹」(いわゆる「相場のことは相場に訊け」という考え方)に論点を絞って今後の相場動向を考察してみたい。

ポンド相場を分析する際に、ポンドドルやポンド円だけを見ていては判断を誤る。ポンドドルは米ドルの動きに左右されるし、ポンド円は円の影響(つまりリスクオン・リスクオフの要因)が大きすぎるからだ。ポンドの真の実力を測るには、同じ欧州通貨であるユーロとの対比である「ユーロポンド」を見る必要がある。

ユーロポンドは、ジョンソン首相が就任した今年7月下旬に騰勢(ポンド下落)を強め、8月12日には10年ぶりの高値(ポンド安値)となる0.9325を付けた。しかしその後はポンドが巻き返し、9月下旬には0.8790まで反落している。(図1)

f:id:gaitamesk:20191001142758p:plain

図1 ユーロポンド日足

 

次に、英国の国民投票の結果EU離脱が決まった2016年6月以降の動きを振り返ってみよう。ブレグジットをめぐる不透明感から、2016年10月には最初のピークである0.9270をつけている。2番目のピークは2017年10月の0.9306で、1番目よりやや高いもののほぼ同じ水準である。そして3番目のピークは今年8月の0.9325だが、これも1番目、2番目のピークとほぼ同じ水準だ。(図2)

f:id:gaitamesk:20191001142812p:plain

図2 ユーロポンド週足 

すでに織り込まれているハードブレグジット

つまり、ブレグジットをめぐる不透明感や不安感を背景としたポンド売りはすでに3年前に最初のピークに達し、その後3年間はおおむね横ばいだったのだ。そして高値圏でもみ合っているうちに、ブレグジットがもたらす弊害やリスクも織り込まれてきたと考えられる。だからこそハードブレグジットのリスクが最も高まった今年8月も、不安のピークを更新することはなかった。現在のユーロポンドの水準は、ジョンソン首相就任時よりポンド高水準である。

売り材料が出たにもかかわらず想定ほど下落しない。あるいは売り材料が出たにもかかわらず上昇する。「相場の息吹」の考え方によれば、これらは潜在的な買い手の存在を示唆しており、買いのシグナルである。今回の場合、売り材料はもちろんジョンソン首相の就任であり、想定された水準とは過去2回のピークのクリアなブレイクであった。

ポンド相場は少なくともハードブレグジットの短期的ショックを織り込んでいる。このまま10月31日に合意なき離脱を迎えたとしても、相場の反応は「悪材料出尽くしのポンド買い」となる可能性が高い。もちろんそれまでに合意が形成され「秩序ある離脱」となれば、ポジティブサプライズとなり、ポンドは急騰するはずだ。

テクニカルにも、ユーロポンドは0.93前後で3回ピークをつけ、トリプルトップの大天井を形成した。現在取りうる戦略は、0.8900でユーロポンドの売り(ストップロス0.8980)。そして0.8780割れと0.8470割れで追撃売りということになるだろう。

なおポンドドル、ポンド円に関しても、2016年秋の最初のボトムを下回らなかった(図3、図4)という点において、ポンドの底値感や買い妙味が出てきているのではないかと思う。

f:id:gaitamesk:20191001142824p:plain

図3 ポンドドル週足

 

f:id:gaitamesk:20191001142833p:plain

図4 ポンド円週足

 

<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

amaya_96_130.jpg 雨夜恒一郎 氏
為替アナリスト スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど大手外資系銀行で、20年以上にわたり外国為替部門の要職を歴任。2006年に独立し、自己資金運用のかたわら、フリーランスの立場で市況・予想記事を提供中。ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析はもちろん、オプションなどデリバティブ理論にも精通する、「為替マーケットの語り部」。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.