“今度はリスク・オンで行って来い。”

f:id:okinawa-support:20190819165949j:plain

 

先週のドル・円相場は前週の米国経済悪化懸念からの“リスク・オンからリスク・オフへの動き”による高値108.46から安値106.49への動きと真逆の動きとなって、安値106.67から高値108.62へとドル高&円安が進んだ。

この背景としては10日~11日にワシントンで開催された米中閣僚級通商会議で農産品や為替など特定分野で部分的に暫定合意し、トランプ政権が15日に予定していた中国製品への制裁関税の引き上げが先送りされことと、あと3週間後に迫っている英国の欧州連合(EU)離脱=Brexit.に関して17~18日のEU首脳会議で英政府とEUが離脱協定案で合意して“合意無き離脱”が回避される可能性が高いと市場が判断したことが挙げられようか?

このリスク・オンによる動きでドル・円は(106.67-108.62)÷106.67≒1.8%のドル高&円安となったが、ポンドの戻しは激しいものであった。
ポンド・ドルは安値1.2196から高値1.2705まで約4.2%上昇し、ポンド・円に至っては安値130.44から137.88迄約5.7%急騰した。

IMM.投機筋のポンドのポジションを見ると10月8日時点でネットで73,219枚(ポンド換算で約46億ポンド)の売り持ちとなっており、慌ててショート・カバーが起きたのであろう。

ポンド・円の上昇に伴って大きな円売りが出て、ドル・円もつられて上昇したとも言える。

日足チャートを見るとよく分かるが、ドル・円とポンド・円相場の相関性は高い。


さて3回トライしてブレイクしなかった108.50を上切って約2ヶ月半ぶりの高値を更新したドル・円相場であるが、このまま110円を目指すとも思えない。

そもそも今回の米中合意はあくまでも暫定的な物で合意内容の詳細は明らかにされていない。
中国は完全合意の場合は追加関税の完全撤回を要求していると言われており、トランプ大統領がそれを受ける訳は有るまい。
そもそも今や米中関係は通商問題とは次元の違う覇権争い問題となりつつあり、そうすうなりとは解決するとも思えない。

またBrexit.に関しても英国ジョンソン首相は現在の期限である10月31日の離脱を目指すがこれまで何度も煮え湯を飲まされてきたEU.側が首脳会議ですんなりと英国側の提案を受け入れるかどうかは不明である。

今暫くニュースのヘッドラインでリスク・オフ、リスク・オンと振らされる状況が続くと思われるが、先週のレポートでも述べた数々のリスク・オフ要因を頭に置きながら106.00~109.00のレンジを意識して高い所では買わず、低い所では売らないレンジ取引を心掛けたい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.