「EU首脳会議前!ソフトブレグジットでポンドは150円まで回復なるか!?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

明日明後日に控えたEU首脳会議を前に、徐々に値動きが小動きとなってきました。
ブレグジットはソフトブレグジットを前提に市場は織り込み始めております。

ポンドだけが良く動く状態ですが、EU首脳会議を通過後、金融市場は全体的にリスクオンに動くように感じております。
EU側もソフトブレグジットを望んでおりますし、失望するような結果にはなりにくいように考えております。

ポンド円月足チャートで確認を!

f:id:gaitamesk:20191016162650p:plain

月足です。最近は値動きが乏しいため、あまりご覧になられない方も多いかもしれません。
今年の高値は150円手前で推移をしていたことがあります。
この頃はソフトブレグジット前提で値動きをしておりましたので、おそらくこの水準までは大きく戻すのではないかと考えております。

もちろんですが、EU首脳会議の結果次第ですが、十分間に合うほどの距離感ではないでしょうか。
オーバーシュート前提を考えると150円台後半ぐらいまではあり得ると個人的には考えております。
直近の目安として週足に時間軸を落とします。

ポンド円週足はフィボナッチ61.8%戻しがターゲットか?

f:id:gaitamesk:20191016162653p:plain

週足ですが、ボラが大きいのでターゲットをこの時間軸で絞ります。
フィボナッチを直近の下落トレンドをベースに引いてみました。
50%の半値戻しを突き抜けておりますので、ズバリ、次のターゲットは61.8%戻しの140円になります。
EU首脳会議が始まる明日には、この手前ぐらいまでは一度は攻め込んでいるかもしれません。
乱高下が激しくなると思いますが、この辺りまで一旦持ち上げられる目先のターゲットとして頭に入れて頂ければと思います。

英国はインフレ気味ですから、政策金利もまた通常通り戻してくる可能性があります。
良い意味で、良い通貨安の恩恵を、2年間も受けられたポンドはポジティブではないでしょうか。

ドル円も連れ高で狙えるか?

f:id:gaitamesk:20191016162647p:plain

ドル円です。
ここ最近の上昇トレンドが続いており、順調に上値を伸ばしております。
少しリスクオフのイメージが市場全体意識されておりましたので、もしかしたらあっさり110円まで上値を伸ばすかも?とさえ考えております。

FRBの利下げはある程度織り込まれておりますし、利下げや緩和措置を行っているため、またすぐに米経済は力強くなっていく可能性があります。
実際には不要だった緩和措置だったため、もしかしたら、またドル高、株高とバブル気味に推移するターンがありそうにも思えます。
MACDも0.00付近からのゴールデンクロスはトレンドが発生しやすいタイミングでのクロスであったため、意外にもトレンドが伸ばせるかもしれません。
投資家の注文情報を見てみましょう。

ストップは明らかに109円台で強めに存在

f:id:gaitamesk:20191016162658p:plain

ドル円4時間足で細かい戦略を練ってみましょう。
現在の価格からは、断続的にストップが並んでおります。
戻り売りも多い中、上がれば上がるほど、ストップロスを巻き込みやすい環境に徐々になってきているように思えます。

このポジションの傾きから考察しますと、個人的にはこのレベルからでも買いで勝負したいです。
押し目の目処としてはサポートラインの108.45〜50が最初の買い場、そして108円手前でも準備をしておきたいです。
イベントのことを考えると、ボラは高くなるタイミングもありそうですから、108円の少し上ぐらいから買いエントリーをしたいイメージを持っております。
このレベルなら、戻り売りの利食いも味方に回ってくれるでしょうから、エントリータイミングとしてもよい価格レベルだと考えます。

先日のコラムに引き続き、リスクオン方向で考えております。
今週後半は、ポンド円とドル円を引き続き注視予定です。



【先週の記事】
https://media.gaitame.com/entry/2019/10/09/125248



「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.