ユーロ/円 戻り高値を次々と越え、上値志向の非常に強い形状へ!

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20191021080242j:plain


■  ユーロ/円 戻り高値を次々と越え、上値志向の非常に強い形状へ!
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日こそ陰線の出現ながら下ヒゲを引いており、火曜日以降は連日高値を更新する動き、これまでの沈黙を打ち破るかのような快進撃が続いています。週間の高値は木曜日に付けていますが、金曜日も下ヒゲ陽線で高く引けていることから、さらなる上伸が期待されるところではあります。
移動平均線は、長期が下落基調ながら短期・中期は上昇基調を保っています。実体線が高止まりを続けると中期・長期の移動平均線のゴールデンクロスが実現されると思いますので、チャートの改善に寄与することと思います。それまで実体線が値持ちするかどうかがポイントといったところでしょうか。
今週は、買い先行で臨みたいところです。これまで、ユーロと言えば「売る通貨」という烙印を押され続けてきましたが、ここにきて長い眠りから覚めたかのような動きを見せ、一気にユーロがオーバーパフォーマンスを示すようになってきていますので、「値段が高いから」という理由で買わない選択にはならないと思います。長期の移動平均線が上向き基調になる頃には、思いもかけないような値段が付いているかもしれません。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上値志向が強いもののややダレた。鈍い動きが続くかも。
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週初は、先々週の動きを引き継ぎ、しっかりした値動きで上値を取りに行きましたが、週央以降は垂れてしまい、火曜日の陽線を打ち消しての越週となっています。チャートが陰転したわけではないのですが、他の対円の通貨ペアと比較するとその弱さは歴然、アンダーパフォームの可能性が高いかもしれませんね。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。対円の通貨ペアで言うと、ドル円以外にも有望な通貨ペアがあることに加え、やはり先週の後半、陰線の出現が続いたということで、買い先行スタンスを取りにくいという状況は否定しがたいところでしょう。ただ、仮に先週の高値を超えてくるような局面があれば、そこはすかさず買いで攻めてみたい感じがします。

■ ポンド/円 強いのは強いが、ボラティリティ高く要注意!
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週間の値幅は6円にも及び、ポンド円ならではのダイナミックな動きを見せてくれたと言えるでしょう。特に火曜日の陽線の勢いは先々週の動きを受け継ぐものであり、売り方の根性を削ぐに十分な形状と言えると思います。その後、上下にヒゲを出現させながらも陽線で引ける日が続き、売り方の命運は風前の灯と言えそうです。
今週は、買い先行で臨みたいところです。ただ、それは勇気をもって高いところを買って行ける人だけに限った権利であり、普通の人は様子を見るほうが良いのではないかと思います。上ヒゲ・下ヒゲともに長く出現するのが通常になり、ポジションを抱えて買われるのをじっと待ち続けるという戦略は、おそらく通用しないと思われます。トレードは短期と割り切り、しっかり利食う方針でないと、悲劇を招く可能性もあるのではないでしょうか。

■ オージー/円 下値不安小さく、絞り出されるように上値を取る動きが続く。
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れに関わらず、週初はやや軟調な展開、ただし中期の移動平均線に支えられながら木曜日に戻り高値を更新、金曜日も高く引けて高値志向に根ざした値動きとなっています。9月の戻り高値奪還も間近となっており、売り方の買い戻しが持ち込まれる可能性が高いのではないでしょうか。
今週は、買い先行で臨みたいところです。先々週に2本の連続陽線で大きく戻し、先週も木曜日の陽線で上放れを実現していることから、過度に弱気になる必要はないと思います。弱気材料とすれば中期の移動平均線の位置ですが、これも実体線が値持ちすれば徐々に長期の移動平均線に追いついてくると思いますので、基本的にはあまり心配はいらないと思います。


■ ユーロ/ドル 思い出したように連続陽線の出現。売り方を撃破!
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の週末にかけて連続陽線で戻した流れをそのままに、やはり先週も週央から大きく上伸しました。長期の移動平均線に上値を抑えられる可能性もありましたが、全くものともせずに打ち負かし、先週末も高く引け、上値志向の強い形で越週しています。
今週は、買い先行で臨みたいところです。急激な上昇に目を見張るものがありますし、また、高値警戒感も一部出てくるとは思いますが、見方としては、やはり久しぶりに大きな動きを見せたということで、しっかりとその動きについていきたいところですね。MACD線も実に久しぶりにゼロラインを超えてきていますし、遠慮なく買い先行で攻めるべき局面ではないかと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20191021080310j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.