「137.70円のポンドは絶好の買い場か? 為替市場はポンド以外、動きが薄い。」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

為替市場がポンド以外動きません。
米中貿易戦争のファンダメンタルズにも反応は薄くなり、米国の過度な金融緩和にも反応しづらくなり、ドル安にすらならない状態です。
こうしている間に、実力のある米国経済は経済指標としてしっかりと戻してくると思われます。

結局リスクオンなのでしょうか?
直近のファンダメンタルズを考察する限り、EURは売り、JPYは中立?オセアニア通貨は米中貿易戦争が終息や一旦の停止となれば、買い、そしてGBPは合意なき離脱以外は、買いといったイメージです。

最もホットな話題は全てGBPとなり、速報最優先の形なのでいずれにしても、AIトレードが主流となっております。
個人投資家としては苦しい展開ですが、こういった環境も、相場です。
いつも通りトレードを実施していきたいところです。

ドル円からチャート分析してみましょう。

ドル円は1週間の値幅が50銭程度!?

f:id:gaitamesk:20191023145214p:plain

109円手前まで上昇をみせるものの、そこから108円台でしっかりと推移中です。
サポートであった108.35円付近は特に意識されずにもみ合っております。
次のサポートは108円のプライスの節目でしょう。
これらの値動きやレジサポライン付近の値動きをみている限り、やはり注目されていない通貨ペアと断定しても良いように思えます。

ただ個人的に中期的にはドル円はポジティブです。
下がるにも下がりませんし、リスクオフの様相は今の所ありません。
また緩やかな上昇トレンドに回帰するのではないでしょうか。
ドルの利下げや緩和の余地は限界がありますので、結局買いトレンドに戻るような気がします。
FRB,ECBに続いて日銀が動く場合、ちょっと大きなトレンドを生むかもしれませんね。

やはりポンドしかないのか!?

f:id:gaitamesk:20191023145211p:plain

さて、旬のポンド分析です。
ほぼ100%、現在は英国政治によって振り回されており、引き続き速報重視の値動きが続くでしょう。
『合意なき離脱』の確率はほぼなくなったと言えるため、これほどの上昇を演じました。
尚、不透明な状態ではあるのですが、EU側も譲歩を少しずつしている姿勢も見えておりますし、英国議会の解散総選挙のリスクだけは残りますが、基本的には現在の草案をベースに最終調整が進んでおります。
ボリス首相も元々のハードブレグジット派でしたが、現在は各党や各国と折り合いをつけて進めております。ここからまた振り出しに戻させるようなことはないと思われます。
ポンドは結局買いトレンドが継続になるのではないでしょうか。

4時間足で短期トレードを見ていきましょう。

深い押し目待ちを狙いつつ、時間の経過を考慮に!

f:id:gaitamesk:20191023145217p:plain

テクニカル前提でチャートと対話します。
現在、上昇相場を得て、一旦の調整下落をはじめつつある形状です。
本日はRCIを採用しました。
相場の方向感をさぐるこの3本線は、RCI9が短期、RCI26が中期、RCI52が長期となっており、非常に優秀なインジケータです。
特に僕はRCI26を最優先で考えているエース指標として使うことが多いです。
RCI26は±80ラインと0.0ライン(中心線)を跨ぐタイミングでローソク足上でトレンドが発生しやすい傾向があります。
このテクニカル通り、0.0ラインを割り込んだ場合、下落トレンドが伸びていく可能性があります。
しかしながら、ブレイクしても伸びない場合は、トレンド継続失敗の可能性が高く、また長期的なトレンド方向に回帰する癖があるのです。

この癖にならうなら、現在下落方向に。しかしながら4時間足ですので、あと1日もすればRCI26の方向感ははっきりと判断できるようになります。
0.0ラインを割り込んでも現在の水準のレンジ相場の場合は、また高値更新再開の可能性を示唆しますので、直近トレードは短期的にショートを。
その後、発想を一気に変えてドテンロング戦略が望ましいと考えております。

矢印は今週後半にかけてのイメージです。
もし、深い押しとなる場合は、137.80前後のサポートラインを意識してください。
ここは週足でも記載した、フィボナッチの50%戻し突破ラインでして、137.70に位置していることから、下落した場合、最も止まる可能性が高いポイントになります。

僕は押し目買いの絶好のポイントとして、137円台後半を狙う予定です。
その他、現在の水準でもう金曜日まで停滞する場合は、押し目はまたずに成行買いで攻めて145円を目指すトレードを再開しようと思います。
向こう1週間はこのようなイメージでトレードをしていく予定です。
ドル円はまだお休みで。



【先週の記事】
https://media.gaitame.com/entry/2019/10/16/163805



「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.