「スピード審議の動議が否決… 窮地のジョンソン首相」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20191023134647p:plain

 

 

22日、英議会はEU離脱関連法の審議を短縮する動議を否決した。
離脱関連法が110ページにも及ぶと見られており、通常なら数週間はかかる審議を動議可決で短期間に行うという狙いがあった。
否決によりジョンソン首相が考える31日のEU離脱はほぼ不可能となった。
ジョンソン首相が「合意なき離脱」を強行する可能性もゼロではないが、3度目の離脱延期が濃厚となっている。トゥスクEU大統領も、英国の離脱延期申請の受け入れをEUに勧告する意向をツイッターで明らかにした。
ただ、英国が示した来年1月末よりも短い期間での承認となる可能性があり、関連報道に注意が必要だ。

一連の報道を受け、ポンド相場は荒れ模様。ポンド/円は昼に139円10銭台を割り込んだ。

f:id:gaitamesk:20191023153948p:plain

 

 

<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top