ユーロ/ドル 露骨な上ヒゲの出現に買い方はいったん撤退か。

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20191028075544j:plain


■  ユーロ/ドル 露骨な上ヒゲの出現に買い方はいったん撤退か。
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初から安くより、上値追いの動きにも失敗、買い方が次々と撤退することで週を通じた弱含みの展開が決定されたかのような動きでした。ただ、チャートの形状を細かく分析すると、週初の上値追いの失敗以上に、木曜日の上ヒゲの出現がよろしくありません。再度上値追いの夢を託した買い方を投げさせた金曜日の陰線は、今後の先行きを暗示するかのような陰線となっています。
移動平均線は、長期が下落する一方で短期・中期が上昇しました。動きとして3本の移動平均線が収束に向かう様子が見て取れます。ただ、やはり実体線の下押しに伴って、再び長期の移動平均線水準まで実体線が押し返されているという点は注目に値するところです。
今週は、売り先行で臨みたいところです。先々週の木曜日・金曜日の上伸を先週1週間の下落でほぼ失い、買い方の意気消沈はチャート以上のものではないでしょうか。一気に下落トレンド入りする可能性はまだ感じさせませんが、とりあえず買い方が投げ切るまでは、下げ止まらないような気がします。大きく下げるか、あるいは細かい下ヒゲを何本か形成するような形になるまで、新規の買いは考える必要はないのではないでしょうか。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 小動きだがチャートは悪くない。上値志向が残ると見るが。。。
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。ただ、高値だ安値だと言っても、週を通じた値幅はわずか50銭強ということで、ほとんど動いていないに等しいと言ってよいと思います。ただし、動いていないからと言って逆張りでリスクテイクをするとか、ロットを上げるというのは考え方として間違いで、やはりしっかりとチャートを読んでマーケットがどちらに動こうとしているのか、しっかりと考える必要があると思います。
今週は、若干ですが買い先行で臨みたい感じがしています。先週水曜日の下ヒゲ陽線も買い方に有利な材料と考えることが可能ですし、10月中旬の上伸の勢いがまだ残っているということであれば、もう少し上値を取りに行ってもおかしくないと思われるからです。逆に、売り方の支援材料はチャート上には乏しく、時間の経過は、どちらかと言うと買い方に有利に作用するのではないかと考えています。

■ ユーロ/円 ユーロ円よりはマシだが、上ヒゲが重くのしかかる。
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。値動き自体は乏しい状況が続いていますが、チャートの形状は若干の悪化を見せています。先週で言うと、月曜日・木曜日の上ヒゲが買い方の意欲を削ぐ要因となっています。また、週末も安く引けたことで、何となく先安感が漂う越週となっていますし、今週は、まずは下値模索の動きから始まると予想するのが妥当なところではないでしょうか。
今週は、どちらかと言うと、売り先行で臨みたいところです。実体線はなお高い位置を保っていますし、移動平均線のゴールデンクロスも形成されてはいますが、やはり先週月曜日・木曜日に出現した上ヒゲが買い方にとってはあまりにも厳しく、一気に上値追いの動きを見せる可能性は低いのではないかと考えられるからです。一方、先々週までの上昇の勢いも否定するわけにはいかず、そうすると一気に下落するシナリオも、描きにくいというのが正直なところかもしれません。

■ ポンド/円 上値重く、時間の経過に買い方がやや耐えにくい状況かも。
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。やや陰線の出現が目立ち、また、若干ですが迫力も感じさせるものとなっており、週末にかけて調整色の強い色合いを見せての越週となっています。先々週の終わりまで、よく伸びたという印象はもちろんありますので、「買い疲れ」の可能性は十分に考えられるところです。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。大きな下落を呼び込む動きになるようであれば売りスタンスを取りたいところですが、中期の移動平均線が上昇傾向にあることから、下落局面では買い戻しが入りやすいのではないかと思われるからです。一方、買いの目で見るには、やはり実体線の反発が絶対条件で、最低でも短期の移動平均線水準の回復が必要と考えられます。下落するなら様子見か売りスタンス、下げ止まるのであれば反発の後に買いで追随といったところではないでしょうか。


■ オージー/円 小動きで大きなベクトルは感じない。次の一手待ちか。
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週を通じた値幅は相変わらず大きなものでhなく、端的に言うと木曜日に陰線が出現しましたというだけの動きだったように思います。先々週までの上伸の流れがいったん途切れた形にはなっていますが、これでチャートが陰転したのか、それとも踊り場の形成なのか、その辺の判断も全くつきません。しかし、週初、上値追いの動きに失敗した事実は買い方に落胆を与えるものであったことは間違いなさそうです。
今週は、とりあえず様子を見てみたい感じがします。先週の後半、実体線が下押しの動きを見せたことは買い方にショックを与えていると思いますので、まずは実体線が反発して、この傷が癒えたことを確認できるかどうかが重要ではないでしょうか。下がったところを買いから入るのではなく、最低でも先週木曜日の高値を超えるとか、そういった形でチャートが改善したのを確認した後で、買いスタンスを取りたいところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20191028075606j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.