「関心はFOMCから日銀へ」 外為トゥデイ 2019年10月31日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20191031095814p:plain

(1)
豪7-9月期消費者物価指数は前年比+1.7%と予想通りの結果となった。なお、豪中銀(RBA)が重視する基調インフレ率は前年比+1.40%となり、市場予想および前回(いずれも1.45%)を小幅に下回った。

(2)
米7-9月期国内総生産(GDP)・速報値は、前期比年率+1.9%と前期(+2.0%)から小幅に減速したものの予想(+1.6%)を上回る伸びとなった。設備投資(-3.0%)が足を引っ張った一方、GDPの大半を占める個人消費が+2.9%と予想(+2.6%)を上回った事が全体の伸びに寄与した。これを受けてドルは買いが優勢となった。なお、GDPに先立ち発表された米10月ADP全国雇用者数は12.5万人増と市場予想(11.0万人増)を上回ったが、前月分が13.5万人増から9.3万人増へ下方修正された。

(3)
独10月消費者物価指数・速報値は前月比+0.1%、前年比+1.1%と予想(±0.0%、+1.0%)をやや上回った。

(4)
米連邦公開市場委員会(FOMC)は予想通りに政策金利の誘導レンジを1.50-1.75%に25bp(0.25%)引き下げた。声明から「景気拡大の維持に向けて適切に行動する」の文言を削除して追加利下げの見送りを示唆しつつ、「政策金利の適切な道筋を精査しながら、経済見通しに関する今後の情報が示唆するものを引き続き注視する」として、データ重視の姿勢を示した。

(5)
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はFOMC後の定例会見で「金融政策は良好な状況にあると確信」「現行の政策スタンスは適切であり続ける可能性が高い」と発言。「将来利上げが適切になる時期が来るであろう」としつつも「利上げには著しいインフレ上昇が必要になる」とも述べた。これを受けてドル/円は109.28円前後まで急伸したのち108.72円前後まで急反落する「往って来い」の展開となった。一方、クロス円はポンド/円を除き米国株が堅調に推移する中、クローズにかけて上昇した。

f:id:gaitamesk:20191031100026p:plain

ドル/円の見通し

昨日のドル/円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ決定後に一時109.28円前後まで上昇したが、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見中に108.72円前後まで反落する「往って来い」の展開。FOMCは、声明から「景気拡大の維持に向けて『適切に行動』する」の文言を削除し、ひとまず利下げ打ち止めの姿勢を示した。パウエル議長も「現行の政策スタンスは適切であり続ける可能性が高い」として中立スタンスへの転換を示唆。一時上昇したドル/円が結局は声明発表前の値位置に収まった点からも、概ね市場の想定に沿った結果であったと言えるだろう。

市場の関心は本日の日銀金融政策発表に移る事になりそうだ。マイナス金利の深堀りを予想するエコノミストも散見されるが、大勢は現状維持の予想で、日銀は追加緩和を温存するとの見方が多い。黒田日銀総裁も「必要な状況になれば『躊躇なく』追加緩和」の構えを示す公算が大きい。FOMCと同様に、市場の想定に沿った結果であれば、(瞬間的な反応はともかく)ドル/円相場への影響は限られそうだ。

f:id:gaitamesk:20191031100107p:plain

 

【お知らせ】

外為白書2018-19(第10号)

外為どっとコム総研が作成する書籍「外為白書2018-19(第10号)」が完成しました。その概要をお伝えいたします。

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資 方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後 予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.