「英中銀は金利据え置き EU離脱の不透明感からはポンド下落」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20191108104521p:plain


<外為トゥデイより抜粋>

英中銀(BOE)は政策金利(0.75%)と資産買入れプログラム(4350億ポンド)の据え置きを発表。

しかし、同時に公表した議事録で2人の委員が利下げを提案していた事が明らかになった他、「世界の成長が安定化しない場合、また欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が定着したままである場合、金融政策によって回復を後押しする必要が生じる可能性がある」とした事からポンド売りが強まった。

なお、金融政策レポート(インフレレポートから名称変更)では、2020年と21年の成長率見通しを引き下げ、2年後のインフレ率予想値も下方修正。その後のカーニー総裁会見でも、景気見通しへのリスクは「下方向に傾いている」との認識が示された。

f:id:gaitamesk:20191108105131p:plain

f:id:gaitamesk:20191108105235p:plain


<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top