「英総選挙 保守党有利でポンドじわり上昇」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20191113124552p:plain

<外為トゥデイより抜粋>

11日、ブレグジット党は保守党が現在議席を持つ317の選挙区に対し、候補者を立てない方針を示した。
これにより、EU離脱を目指す保守党と票が割れることが回避できるため、保守党にとってはポジティブなニュースだ。

12月の総選挙で保守党が過半数議席を獲得する公算が大きくなり、「合意あり離脱」の可能性が高まったとの見方からポンドは強含んだが、レンジ内での動きが続いている。

13日現在、調査会社のYouGov調べでは保守党が39%、ブレグジット党が9%の政党支持率となっている。対して労働党は26%だ。
英国では、650の個々の選挙区のなかで最も得票のあった候補者のみが当選する単純小選挙区制を採用している。

f:id:gaitamesk:20191113125154p:plain


f:id:gaitamesk:20191113124901p:plain


<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top