「根が深そうなS400問題 本日首脳会談」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20191113193646p:plain


<G.comデイリーレポートより抜粋>

本日は、ワシントンでトランプ米大統領とエルドアン・トルコ大統領の首脳会談が行われる。
主要議題になるのは、トルコ軍によるシリア北東部への侵攻と、トルコのロシア製ミサイル防空システムS400の導入を巡る問題と見られる。このうち、シリア問題については、トランプ大統領がトルコの停戦遵守に一定の評価を下しており、対立再燃の原因にはなりにくいだろう。
一方、S400問題はいささか根が深そうだ。トルコがS400の導入を開始した事を受けて、米政府は最新鋭ステルス戦闘機F35のトルコへの売却を凍結する方針を決めた。
米国としてはF35のデータがロシアに筒抜けになる事を強く警戒している。これに対し、エルドアン大統領はF35の代わりにロシア製戦闘機スホーイを購入する可能性を示唆して米国をけん制。トルコ側は、国際共同開発パートナーとして部品供給などにも携わったF35の購入差し止めに強い不満を抱いている。
もっとも、落としどころが見つかりにくいナーバスな問題だけに、合意も決裂もない玉虫色の着地が濃厚と見られる。決裂さえなければ、トランプ大統領による対トルコ制裁強化なども考えにくい。
表面的にせよ米・トルコ間の対立が回避されれば、短期的にはトルコリラ相場の支援材料になる事も考えられる。
ただし、米議会は主にトルコのシリア侵攻を非難しており、下院では既に制裁法案を可決している。
今後、議会主導で対トルコ追加制裁に動くリスクを排除できない事から、中期的なトルコリラ相場の動きには不安が残る。

f:id:gaitamesk:20191113193954p:plain

 

【これまでのトルコリラ関連記事はこちら】

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top