あなたでも大丈夫!サラリーマンのFX投資スタイルはこれだ!

f:id:navimedia:20191114161040j:plain
「サラリーマンでもFX投資は可能です」という話をすると、多くの人たちが「本業があるのに、本当に大丈夫なの?」と心配されます。
しかし、実際は、専業トレーダーで生計を立てている人は一握りであり、本業を持つ兼業トレーダー、つまりサラリーマン投資家が大部分なのです。
確かにフリーランスやノマドワーカーのような働き方ならともかく、一般的なサラリーマンの場合、日中は自由にFX相場を見ることができません。
相場の一時的な歪みを利用して、数秒~数分の間に取引を繰り返す「スキャルピング」という手法は難しいでしょう。
1日で取引を完了させる「デイトレード」でも大変かもしれません。
FX投資で成功しているサラリーマン投資家の多くは、もう少し長い単位で取引を考えているようです。

サラリーマンはファンダメンタルズ分析を活用

スキャルピングやデイトレードで多くのトレーダーが利用するのが、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、ストキャスティクスといった、通貨の値動きを示すチャートを分析して、今後の値動きを予測する「テクニカル分析」という手法です。
しかし、スキャルピングやデイトレードでFX投資を行う専業トレーダーよりも、投資期間が長いものにならざるを得ないサラリーマン投資家たちの間では、テクニカル分析で示される指標よりも、中長期的に相場を捉えるのに有効な「ファンダメンタルズ分析」を活用する人が少なくありません。

ファンダメンタルズ分析とは、景気の動向や金利、様々な経済指標など、通貨国の経済状況を判断するための基本的(fundamental)な情報をもとに、為替の動きを分析する方法です。
注視されるファンダメンタルズとしては、主に次の4つが挙げられでしょう。

1)重要経済指標

例えば、世界経済の中心である米国の労働者の雇用状況を調査した「雇用統計」は、世界中の投資家が注目している指標のひとつでしょう。
また、経済のグローバル・ボーダレス化が進んだ結果、中国の貿易収支が、経済的につながりの強い豪ドルの値動きに大きな影響を与えることがあります。
このように経済指標は為替の動向を判断する上で欠かせません。

2)各国の金融政策

日銀の金融政策はもちろん、米国のFOMC(連邦公開市場委員会)や欧州のECB(欧州中央銀行)などが打ち出す政策金利や景気刺激策は、ドル/円やユーロ/ドルなどの相場の方向性をつかむ上で非常に大切です。
日銀総裁の黒田氏が異次元緩和を行った「黒田バズーカ砲」やECB総裁のマリオ・ドラギ氏が市場と巧妙なコミュニケーションを取る「ドラギ・マジック」などで、相場が大きく動くことがあります。
各国の経済政策、金融政策は非常に重要な情報になります。

3)要人発言

米国のトランプ大統領は毎日にようにツイッターを活用して自身の考えを表明しており、そのつぶやきにFX相場が右往左往する時もあります。
各国の中央銀行総裁、FRB(米連邦準備制度理事会)議長、ECB総裁、各国の財務大臣、財務長官といった閣僚、トランプ大統領や習近平首席のような世界各国の要人発言には注目しておく必要があります。

4)国際ニュース

停戦合意にも関わらず戦闘状態が続くトルコとシリア情勢、あの手この手の駆け引きが長引く米中貿易摩擦、出口を見つけられずに混迷を極める英国のブレグジット(EU離脱)など、世界中で高い関心を集めるニュースが伝わると、為替相場は大きく動くことがあります。
そのため、ニュースヘッドラインのチェックは欠かせません。
例えば、期日が迫るブレグジットの動向次第で、ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルは大きく動く可能性があります。
このように時期のわかるビッグイベントでは、その動静に準備することが求められます。

欲張らず、こまめに利益確定を

サラリーマンは兼業である以上、一日のうちで投資活動にあてられる時間は限られています。
その中で、より効率的に投資を行うためには、どうすればいいのでしょうか。

FXでは、常に新しい相場に向き合うことが求められます。
予期せぬ事件や事故、出来事により、相場が大きく動く可能性も十分にあるのです。
だからこそ、投資を始めたばかりのサラリーマン投資家は、ロット(購入単位)を小さくして、大きなレバレッジをかけず、その瞬間ごとのレートで注文する「成り行き」ではなく、指定したレートに達したら注文や決済をする「指値」を利用して、細かく注文を入れるようにしましょう。
そうすることで、大きな損害を出すリスクを抑えたトレードが可能になります。
相場の流れに乗って、大きな利益をあげられそうな局面が来るかもしれません。
ただ、本業がある以上は、常に相場に張り付いていられるわけではないのですから、決して欲張らずに、こまめに利益を確定して、コツコツと積み重ねていくような取引のほうが、本業への影響も少なく、安心して毎日を過ごせるはずです。
何よりも無理をしないことが、投資においては大切なのです。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.