「ドル/円、108円台での小競り合い」 外為トゥデイ 2019年11月20日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20191120094829p:plain

(1)
豪中銀(RBA)は11月5日に開いた理事会の議事録を公表し、政策金利を0.75%に据え置く事を決めた裏で「利下げを検討した」事が明らかになった。これを受けて一時豪ドル売り・円買いが強まったが、一巡後は上海株の上昇などを背景に持ち直し、欧州市場では74円台を回復した。

(2)
米10月住宅着工件数は年率換算131.4万件と予想(132.0万件)を下回った一方、住宅着工件数の先行指標である10月住宅着工許可件数は146.1万件と予想(138.5万件)を上回り2007年5月以来の高水準を記録した。

(3)
トランプ米大統領は米中通商協議について「中国は取引に応じるしかなくなる」とした上で「中国とディールができなければ、単に関税を一段と引き上げるだけだ」と述べた。

(4)
英国の12月総選挙に絡み、ジョンソン首相(保守党党首)とコービン労働党党首による初めてのテレビ討論会が行われた。首相は「保守党全体が私の離脱案を支持している」などと述べて欧州連合(EU)離脱=Brexitを争点に据えた議論を展開した。懸念された「失言」などもなく、討論会後の世論調査ではジョンソン氏勝利が51%、コービン氏勝利が49%となった。これを受けてポンドは買いがやや優勢となった。

f:id:gaitamesk:20191120094915p:plain

ドル/円の見通し

 昨日のドル/円は終値ベースで約0.1%下落。欧州市場で108.83円前後まで持ち直す場面もあったが、NY市場では米株安と米債利回りの低下が重しとなり108.45円前後まで軟化した。なお、トランプ米大統領は米中通商協議について「中国とディールができなければ、単に関税を一段と引き上げるだけだ」と述べた。

 ドル/円は、米中通商協議の行方を睨んで方向感を欠く相場展開が続いており、本日も関連報道を警戒しながら108円台での小競り合いが続く公算。109円台には戻り待ちの売りが控える一方、108円台前半には本邦勢の買いが観測されており、強い手掛りがなければ、いずれの方向にもブレイクするのは難しそうだ。また、今朝方には米上院が香港人権法案を可決した。下院法案との一本化および大統領の署名が必要となるが、仮に成立すれば、関税面などでの香港への優遇措置が差し止められる可能性もある。中国政府の反発は必至なだけに、アジアタイムを中心に香港情勢への留意も必要となりそうだ。

f:id:gaitamesk:20191120095007p:plain

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資 方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後 予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top