FX初心者が学ぶべき基礎知識はこれだ!

f:id:navimedia:20191120163001j:plain
少子高齢化の進む日本では、将来に備える資金として、「公的年金だけではもはや不十分」という認識が一般的になりました。
日本政府も「貯蓄から投資へ」と、自ら老後資金をつくる投資活動を推奨しています。
資産運用の方法はさまざまです。
対象となる金融商品も星の数ほどあります。
だからこそ、投資は始めたいけれども、一体何に投資すればいいのかわからないという初心者の人も少なくないはずです。
そこで今回は、FXの基礎知識について、専門用語なども取り上げながら、わかりやすく解説します。
もしかすると、FXがあなたにとって最初の投資になるかもしれません。

そもそも「FX」って何?

FXは「Foreign Exchange(外国為替取引)」という言葉からきています。
ある通貨を別の通貨に交換する取引のことで、海外旅行の際、日本円を米ドルなど渡航先で使える通貨に両替するのと同じです。
また、外国為替取引での通貨の交換比率を為替相場といい、「1ドル=105円」とか「1ドル=0.9ユーロ」というように表示されます。

FX取引とは、簡単に言うと、この「通貨の交換」による利益を狙う取引です。
通貨と引き換えに別の通貨を得るわけですから「通貨の売買」ともいえるでしょう。

例えば、1ドル=100円のときに1万円をドルに交換すれば100ドルが手に入ります。
次にこのドルを「1ドル=105円」のときに、円に戻せば、1万500円となり、差額500円を得したことになります。
もちろん逆の場合は損をします。

世界にはさまざまな通貨が流通しており、その通貨の価値は時々刻々と変動し続けています。
為替の動きに注視しながら、通貨を売買することで資産を増やすのがFXなのです。

FXのメリット

FXには他の金融商品にはないメリットがあります。

1)少ない元手で始められる

少額の資金で始められるのは、投資初心者にとって大きなメリットでしょう。
100円から取引が開始できるFX会社もあります。
物件購入に百万~千万円単位で資金が必要になる不動産投資などとは、雲泥の違いです。
また、スプレッドと呼ばれる取引手数料も非常に安いです。

2)レバレッジの利用

普通の投資商品や株式は手持ちのお金以上は購入できません。
しかしFXでは、証拠金としてFX会社に預けたお金の何倍もの通貨を購入できます(個人は最大25倍)。
この仕組みを「レバレッジ」といい、少ない元手で大きな取引ができるFXの最大の魅力と言って良いでしょう。

3)24時間取引

FXは基本的に平日の24時間取引が可能です(土日は為替市場が休み)。
投資に十分な時間を取れないサラリーマンや主婦の方々でも手軽にチャレンジできます。

4)スワップポイント

スワップポイント(※1)とは「金利差調整分」ともいい、通貨を取引する二国間の金利差から得られる利益です。
例えば、金利の低い日本円で金利の高い豪ドルを買うと、その金利の差額を毎日受け取れます。
なお、外貨預金でも同様に金利収入を得られますが、利率やコストを考えると、スワップポイントのほうが有利です。
※1 スワップポイント
通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または、相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイントの支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して、損失額が大きくなります。
また、現時点でスワップポイントが受け取れるポジションでも、将来、通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小、または逆転した場合、その受け取り金額は縮小したり、支払いになったりする可能性があります。

FXのデメリット

もちろん、FXにはデメリットもあります。

1)レバレッジによる損失の拡大リスク

メリットとしてお伝えした通り、FXはレバレッジを利用して少額で大きな取引ができます。
しかし、これは成功したときの儲けも大きいが、失敗したときの損失も大きくなることも意味しています。
つまり、ハイリスク・ハイリターンということです。
特に初心者の方は、自分の思惑と逆の方向に相場が動いたときのリスクに備えて取引するようにしましょう。
ある程度経験が積めるまで、レバレッジは低めに設定して、少額で取引を開始することをお勧めします。

2)為替・金利の変動リスク

為替相場は24時間、常に価格変動のリスクがあります。
政治情勢や経済指標、各国要人の発言などで、いつ大きな高騰や下落が起きるか分かりません。
こうしてリスクも考慮した上で、取引する必要があります。

3)システムリスク

これはFXに限らないリスクですが、お使いのPCやスマホ、インターネット環境にトラブルが生じると何もできません。
複数の端末を用意して、万が一のトラブルに対応しましょう。
また、FX会社側でシステムエラーが起きる可能性があります。
安心できる体制を整えているFX会社を選ぶようにしましょう。

上述したようなリスクは、いずれも低く抑える対策が可能です。
きちんとリスクを理解した上で、コントロールしながら投資は行うのです。

FX取引は口座開設から

FXを始めるためには、まず専用の取引口座を開設しなければなりません。
FX会社や金融機関のサイトから個人情報を入力し、その後、本人確認書類やマイナンバーを郵送で提出します。
提出先の審査に通れば無事口座開設です。

口座を開設できたら、次は取引環境の準備です。
FXはインターネット経由で行うためPCやスマホは必須です。
FX会社の取引画面や取引用アプリを一通り操作して、使い方に慣れておきましょう。
FX会社によっては、お金を使わずにFXを体験できるデモトレードを用意しています。
未経験者の方は、実際に始める前に、アプリケーションになれるためにも、活用することをお勧めします。

アプリの操作にも慣れたら、いよいよ本番です。
取引量も、情報も多く、身近なドル/円相場から初めてみてはいかがでしょうか。
レバレッジは掛け過ぎず、少額からスタートしましょう。
少しずつ経験を重ねながら、ぜひFXで成功を収めてください。

 

PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.