今すぐYouTubeで聞ける! 銀シャリのほくほくマネーラジオ#7

銀シャリのほくほくマネーラジオ第七回放送!



銀シャリのほくほくマネーラジオ7回目!
今回はニッポン放送を飛び出し、永田町のとある収録スタジオからのお届け!
橋本さんは、ラジオのためにニッポン放送のある日比谷に向かう感じがとても好きだったのに、7回目にしてニッポン放送を追い出されました。
鰻さんは収録場所がいつもと違う連絡をあんまり見てなかったので、1回ニッポン放送に行ってしまい、そこから永田町に移動したのにも関わらず、どのスタッフよりも先に到着するという不気味な出来事も起こりました。

そんな中、今回も我らが外為さんからの差し入れが美味すぎるという話題に。
7回目にして、ゴディバのチョコを頂きました。
橋本さんは、外為さんが収録現場にいることを気遣い、きれいめなシャツを着ることを心がけているそうですが、本当はスウェットに、鼻すすりながら「ウッス・・・」っていうスタジオ入りが理想とのこと。山田孝之さんのドキュメンタリーのやつがやりたいそうです。自由にしたらいいのではないかという空気がスタジオを優しく包み込みました。

さて、そんな話はさておき、トークは鰻さんのFXどうなった話へ。
アナログ人間すぎて、ダウンロードしたアプリをスマホ上で見失うという凄まじい幕開けとなったFX奮闘記ですが、無事、アプリ等々準備が整い、どの外貨に行くのかを「地球儀にボールペンを投げて、インクがついた国」で決定することにした鰻さん。
投げても投げても海にしか当たらない中、5投目で中国の左斜め上、ロシアの下、モンゴルの左こと「キルギス」という国に刺さりました。通貨は「キルギス・ソム」
そんな「マイティー・ソー」みたいな通貨、キルギス・ソムを買おうとしたところ、国が渋すぎたのか取り扱いがなかった模様。
もう1投やってみたところ、次はオーストラリアに命中。「オーストラリア・ドル」購入に踏み切ろうとしたのですが、今までとは比べものにならない程の「謎ワード」が飛びかう世界だったそう。
例えるなら、ルール、ポジション、戦術を何も知らないサッカーくらい「謎」だったとのことです。
数字のフォントサイズが「なんでそこだけデカいん!?」っていう表記だったり、とにかく戸惑い散らかしはしましたが、一時はアプリを見失うほどのアナログ人間だった鰻さんがインターネットバンクを理解するところまでたどり着きました。
次回こそ、投資に向けて動きだす所存。どの番組よりも、とにかくゆっくり動き出すラジオですので、ぜひ皆さんも鰻さんと同じ歩幅で歩んでみてはいかがでしょうか。

そんな、来週はゲストが来るけど、それが誰なのかはお知らせしなかった第7回目のほくほくラジオでした!

top