「12月から欧州売り!?パリティあるぞ!EU経済はここまで悪化している!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

米国の感謝祭前は、クリスマス以上に相場が動かなくなります。
明日に控えた感謝祭ですが、おそらく今週はもうほとんど動かないでしょう。
日本市場も、東京時間の貿易会社の実需の動きが出る程度だと考えており、ドル円はジワリ上方向かもしれません。
また金曜日のロンドンフィキシングで特殊なフローが出た場合、意味不明な値動きをする程度でしょう。
下手に損切りやエントリーは避けたい所です。

さて、動かない市場ですから、今週に限っては、欧州の経済指標を中期スパンでご覧頂こうかと思います。

2019年、欧州経済指標

f:id:gaitamesk:20191127161545p:plain

https://www.gaitame.com/markets/indicator/index.html?year=2019&country=ユーロ圏

こちらのページを皆さんご覧になったことがあるでしょうか?
外為どっとコムでは、過去10年以上の経済指標が月ごとに閲覧可能ですので、ぜひご参考頂ければと思います。

さて、この欧州経済指標ですが、リーマンショック後、失業率は緩やかな下落の一途を辿っているのです。特に企業側の経済指標が悪化していることが今年から散見されてきました。
国の景気後退の最初の現象は、製造業の数値の悪化です。
ここが悪くなると、最も雇用を多く生む、製造系の大手企業、その下請け企業の従業員全てに影響が出ます。
業績悪化となると、生産者物価指数も下落に転じます。企業は製品や原材料を安く仕入れようと、強いネゴシエーションが始まるからです。
よって仕入れにかかる物価の数字が下がります。

これらの現象は労働者賃金の低下、および失業率の増加に影響を及ぼすため、小売りやサービス業PMIへ、影響が出始めます。一般消費者の購買力が劣るためです。

まさに上記の月別経済指標は、その通りとなりつつあることが鮮明です。
景気後退期に入りつつあります。
欧州の景気は、サービス業PMIが50を割り込むと同時に小売の数字がマイナスに転じる月が増えてきますと、失業率は増加を始めるでしょう。
これがGDPのマイナス成長となり、本格的なリセッションが始まることを意味します。
そうしますと、ECBは利下げや量的緩和を迷わず推し進め始めると思われます。
ユーロ売りの材料となるでしょう。

ユーロドルは来年パリティか?

f:id:gaitamesk:20191127161555p:plain

珍しく月足を見てみます。下降トレンドラインを引くこともでき、長期的に大きなドル高トレンドが続いていることがわかります。
直近安値は2016年につけた1.0350です。ここから大きく反発し、1.25まで回復を見せる局面があったのですが、ECBはQEを辞めることだけにとどまり、一度も利上げを実施することもなく景気後退セッションに差し掛かろうというタイミングにまできているのです。

月足ベースで大きな反発があったことから、市場ポジションの傾きはあまりなさそうです。IMMのポジション比率をNETベースで見てみましても、60000枚ほどしか買いと売りの差がありませんでした。
今一度、下方向に攻めるチャンスがあるように思えます。もしかすると、来年は静かにパリティを目指す可能性があるのではないでしょうか。

ユーロ円月足は三角保ち合いを下にブレイク!

f:id:gaitamesk:20191127161606p:plain

ユーロ円月足も見ておきます。

大きな三角保ち合いを下方向に抜けてきました。リスクオフに対応するために、ユーロドルとユーロ円も同時にショートしてスイングトレードをしたい所です。
何れにしても、金利がつくことから、中長期で持ちやすいポジションではないでしょうか。

来年のターゲットは、110円と109.20の水平線が引けるポイントです。
このタイミングでユーロドルも1.0350 付近まで攻め込んでますと、ここを突破した瞬間に、ユーロ円も110 円を大きく割り込み始めると思います。
長期的な地合いがまた変わる頃かもしれません。
さて、今週のコラムは、感謝祭で相場が動きづらいことから、少し早めの来年の予想を書いてみました。
欧州は本当に実体経済が弱り始めていることから、再び大きな緩和スタンスに切り替わる可能性があります。少しマクロ的なポイントに注意をしておいて、トレードの参考材料になれば幸いです。



【先週のコラム】
https://media.gaitame.com/entry/2019/11/20/183203



「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.