さあ、始まった18歳FX!投資は早く始めるほど勝ちやすい

f:id:navimedia:20191128130930j:plain

将来に対する不安や老後の資金不足に対する懸念から、投資活動の低年齢化が進んでいるようです。
実は日本政府も、そうした活動をサポートするような仕組みや税制を導入してきました。
FXも例外ではありません。
これまで20歳以上としてきた制限を撤廃して、18歳からでも投資ができるように、条件を緩和した会社も登場しています。
若い人たちが投資することに対して、「未成年なのに」とか、「大学生なのに」とか、「お金は、額に汗して、苦労しながら稼ぐものだ」とか、批判的な声も聞かれますが、果たして本当に、それはダメなのことなのでしょうか。

自ら資産形成を実践する時代に突入

2019年6月、金融庁は衝撃的な報告書を公表しました。
日本人の平均寿命が長期化する中、人生100年時代の到来を見据え、「定年退職後の老後生活に最低でも2,000万円の資金が必要」との試算が明らかにされたのです。

このセンセーショナルな報告書に、多くのメディアが飛びつきました。
「老後2,000万円」問題が世間に喧伝されたこともあり、豊かな老後を送るための資産形成の必要性が、日本中で認識されるきっかけとなりました。
将来に対する準備は、少しでも早く始めるべきと、投資活動の低年齢化がフォーカスされることになりました。

事実、日本政府も、若年層の投資活動をサポートする仕組みや税制優遇措置を導入し始めています。
少額投資の利益を非課税とするNISAや私的年金制度のiDeCoは、そのための仕組みであり、国民からの関心も高まっています。
NISAの種類のひとつである「つみたてNISA」に関しては、開始時期に関わらず、20年間の非課税期間を確保する方針が示されていますし、iDeCoについても65歳まで加入できるよう、年齢制限の見直しが行われています。
また、「iDeCoプラス」と呼ばれる中小事業主掛金納付制度の積極活用を促す仕組みも導入されています。
このように、老後の面倒を国にみてもらう時代から、自ら計画的に資産形成に取り組み、自助努力で生活しなければならない時代に、日本は突入してしまったのです。

18歳からFX投資を可能に!

このような社会情勢はFX業界にも影響を与えています。
まだ、数は多くありませんが、すでに18歳からFX投資が可能な企業が何社もあります。
外為どっとコムでも、これまで20歳以上としてきた条件を緩和し、この秋から(一定の条件をクリアすれば、)18歳でも取引ができるようになりました。

未成年者がFX取引を始めるためにクリアしなければならない条件ですが、 基本的に、1)運転免許証や住民票などの本人確認書類、2)マイナンバー、3)法定代理人の同意が必要になるとともに、以下の3点を合わせて提出することになります。

①未成年者本人と法定代理人との関係を証する書面(戸籍謄本又は住民票)
②法定代理人の本人確認書類(免許証など)
③未成年者の取引に関する同意書

ただし、未成年者でも、すでに婚姻している場合は、①~③の書類は必要なく、代わりに婚姻証明書類(戸籍謄本)を提出することになります。

※戸籍謄本や住民票については、発行日から6カ月以内のもの

FXを通じて、政治、経済、社会、国際関係を学ぶ

未成年者を含む若年層がFXを行うメリットは、将来の資産形成だけではありません。
FX投資で成功するためには、少なくとも通貨ペア国の政治・経済・社会をグローバルな視点から分析する必要があります。

例えば、ドル/円で取引するには、日本国内の情報だけではなく、米国のトランプ大統領の言動やFRBなどの金融政策、ニューヨークの証券取引所の株価動向のような、多くの投資家が注目する経済指標などを丹念にチェックしなければなりません。
これは、ユーロや豪ドル、ニュージーランドドル、トルコリラなど、その他の通貨ペアで取引する場合でも同様です。

このようにFXの取引を始めると、必然的に国内外のニュースに接することになり、政治、経済、社会を知り、国際関係を学ぶことになるのです。
もちろん、投資の結果次第で、資産が増えたり、減ったりしますから、自然と資金管理能力も身に付けられることでしょう。

早く始めるほど投資は有利になる

また、投資を早く始めるほど、投資期間は長くなります。
その結果、ドルコスト平均法のような、リスクを抑えた投資方法のひとつである「時間分散」を、遅く始めた人よりも有効活用できます。
「老後までに2,000万円貯める」といった投資の目標を設定した場合、早く始めるほど目標までの所要期間が長くなるので、無理な投資をしなくても、達成が可能になるのです。

また、就職前の学生は資金こそ少ないかもしれませんが、何よりも時間があります。
時間をかけてしっかりと勉強し、本気でFX投資に取り組むことができるでしょう。
社会人となり、仕事に追われ、家族を持つと、なかなかそうはいきません。
そして、投資では何よりも経験が大切です。
バブル経済の崩壊やリーマンショックのような景気を大きく左右するような出来事が起きたとき、若い頃から何度も乗り越えてきた人と、定年退職後から資産運用を始める人とでは、大きな違いが生まれているはずです。
自分の将来を豊かにできるかどうかは、自分自身にかかっています。
“お金にお金を稼いでもらう”という投資は、早く始めて損をすることはないのです。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.