「露ルーブル/円はスワップポイント増 変動率は南アランド/円が首位」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

f:id:gaitamesk:20191021103502p:plain


外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

集計期間:
2019年11月25日から11月29日の営業日

変動率ランキング
スワップポイント累計ランキング
取引高ランキング

変動率ランキング

集計対象の30通貨ペアの中で最も値動きがあったのは南アランド/円だった。V2だったメキシコペソ/円は一気に8位へダウンとなっている。

集計期間中は、米中貿易協議について、第1段階の貿易合意に『非常に近い』などリスクオンに繋がる報道が多く、これを受けた南アランド/円は週末にかけて上昇基調だった。

3位にはポンド/円が入り、前週の5位から着実に上昇している。期間中は、英総選挙に向けた報道の中で、市場調査会社のYouGovの「MRP」と呼ばれる統計手法の各党の支持率に注目が集まっていた。データサイエンスを活用するという今回の調査結果で、与党保守党が大勝するという結果だった。前回2017年も選挙結果を的確に予想していたとされており、YouGov社の予想をうけポンド相場は上昇して反応した。ポンド/円は現在5月以来の高値を試している。

4位に米ドル/トルコリラがランクイン。トルコはロシアのミサイルシステムS400のレーダー実験を開始し、米議会の制裁議論が進む可能性が出ている。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象30通貨ペアの中で1通貨ペアだった。その内3%以上の変動幅を記録したのは無し。また1%未満の通貨ペアは17と、前週からさらに変動がなく、穏やかな推移であった。

米ドル/円相場は、0.97%の変動率で16位。「香港人権・民主主義法案」へトランプ米大統領が署名するなど、両国の貿易交渉に水を差すネガティブな報道があったものの、合意に向けての進展が目立ったこと、また米経済指標が好結果であったことから、米ドル/円は上昇した。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 ZAR/JPY 2.13% 7.49 7.334
2 SEK/JPY 1.92% 11.475 11.259
3 GBP/JPY 1.63% 141.844 139.573
4 USD/TRY 1.46% 5.7846 5.7016
5 GBP/AUD 1.37% 1.91522 1.88928
6 NZD/JPY 1.36% 70.527 69.58
7 CNH/JPY 1.34% 15.612 15.406
8 MXN/JPY 1.33% 5.636 5.562
9 EUR/TRY 1.28% 6.3688 6.2884
10 RUB/JPY 1.24% 1.708 1.687
11 CAD/JPY 1.07% 82.513 81.638
12 NOK/JPY 1.04% 11.949 11.826
13 EUR/GBP 1.00% 0.85841 0.8499
14 TRY/JPY 0.98% 19.06 18.875
15 HKD/JPY 0.97% 14.002 13.867
15 USD/JPY 0.97% 109.668 108.611
17 GBP/USD 0.96% 1.29506 1.2827
18 EUR/JPY 0.91% 120.757 119.673
19 CHF/JPY 0.85% 109.714 108.793
20 SGD/JPY 0.84% 80.252 79.583
21 AUD/JPY 0.77% 74.292 73.721
21 EUR/NZD 0.77% 1.72116 1.70808
23 AUD/CAD 0.76% 0.90415 0.8973
24 AUD/NZD 0.72% 1.05983 1.05222
25 AUD/USD 0.66% 0.67987 0.67539
25 NZD/USD 0.66% 0.6436 0.63939
27 USD/CHF 0.65% 1.00228 0.9958
28 EUR/AUD 0.63% 1.63139 1.62117
29 EUR/USD 0.46% 1.10321 1.09812
30 USD/CAD 0.44% 1.33181 1.32594

スワップポイント累計ランキング

期間中のスワップポイントを合算した本ランキングは、ユーロ/トルコリラ、米ドル/トルコリラが上位を占めており、先週から変化は無かった。3位のロシアルーブル/円は、前週よりもスワップポイント合計が増えている。また4位、5位が入れ替わり、南アランド/円が上昇している。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。RUB/JPYは100万通貨あたり。左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 2769 49,000
2 USD/TRY 1991 44,000
3 RUB/JPY 1750 170,000
4 ZAR/JPY 770 30,000
5 MXN/JPY 740 30,000
6 CNH/JPY 700 70,000
7 USD/CHF 458 44,000
8 EUR/USD 412 49,000
9 TRY/JPY 332 8,000
10 USD/JPY 318 44,000
11 HKD/JPY 300 60,000
12 EUR/NZD 262 49,000
13 EUR/GBP 225 49,000
14 EUR/AUD 206 49,000
15 GBP/JPY 199 57,000
16 GBP/USD 190 57,000
17 CAD/JPY 175 33,000
17 SGD/JPY 175 33,000
19 NZD/USD 173 29,000
20 AUD/USD 113 30,000
21 NZD/JPY 105 29,000
22 AUD/JPY 91 30,000
23 CHF/JPY 70 44,000
23 NOK/JPY 70 50,000
25 EUR/JPY 7 49,000
26 AUD/NZD 0 30,000
26 AUD/CAD 0 30,000
26 SEK/JPY 0 50,000
29 GBP/AUD -31 57,000
30 USD/CAD -73 44,000

取引高ランキング

期間中の取引高ランキングは、上位グループの大きな変化はなく、前回ジャンプアップしていた豪ドル/カナダドルが17位から27位に大幅下落した。前週は、急騰・急落、と値動きが激しい場面が2度あった豪ドル/カナダドルだが、今回の集計週中はじわじわ下落する展開で値動きにメリハリが無かったことが手控えられた原因と思われる。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 GBP/JPY 2
3 AUD/JPY 3
4 MXN/JPY 5
5 EUR/JPY 4
6 EUR/USD 6
7 GBP/USD 7
8 NZD/JPY 9
9 TRY/JPY 8
10 ZAR/JPY 10
11 GBP/AUD 11
12 EUR/GBP 12
13 AUD/USD 13
14 EUR/AUD 15
15 NZD/USD 14
16 CAD/JPY 16
17 CNH/JPY 18
18 CHF/JPY 20
19 USD/CAD 19
20 USD/CHF 21
21 EUR/NZD 24
22 EUR/TRY 23
23 AUD/NZD 25
24 USD/TRY 27
25 RUB/JPY 26
26 HKD/JPY 28
27 AUD/CAD 17
28 SEK/JPY 29
29 NOK/JPY 22
30 SGD/JPY 30

まとめ

この集計週は、南アランド/円のみが2%の変動率で、全体に値動きに乏しい相場となった。

今週の予定として、米国では月初の重要指標発表が続き、金曜日の米雇用統計発表を迎える。雇用統計発表は、来年に向けての利下げの可能性を占う意味で注目だ。

トルコリラに関連し、3日からのNATO首脳会談へトルコのエルドアン大統領の出席が予定されている。先週末の29日、マクロン仏大統領がトルコのシリア軍事行動へ批判していることについて、エルドアン大統領がマクロン大統領を非難し、トルコ・フランス両国首脳の関係に溝ができている。首脳会談がどのような展開となるのか、報道に注意したい。

■関連情報

【これまでの通貨ペアランキングはこちら】
外為情報ナビ「騰落率」※画面中段
外為情報ナビ「取引データ」

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.