最も取引が多いのはロンドン市場!昼の鳥取、夜の愛媛、勝率は福井が三冠達成! 外為トレーダー統計 2019年12月5日号

f:id:gaitamesk:20190829095240p:plain

日本全国47都道府県のトレーダーを徹底調査!(※1)
外為どっとコム50万会員のいまがわかる。

東京・ロンドン・ニューヨーク!時間帯別トレードバトル

為替市場は時間帯によって市場参加者の属性やトレードの特徴なども大きく異なります。
そこで今回は東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場にそれぞれスポットを当て、時間帯を限定したトレードランキングを公開します。

【特集1】直近3カ月、東京市場対決!
【特集2】直近3カ月、ロンドン市場対決!
【特集3】直近3カ月、ニューヨーク市場対決!
全都道府県を3市場で比較

【特集1】直近3カ月、東京市場対決!

特集1では東京市場で直近3カ月(8月~10月)の対決!
日本の経済指標や銀行の仲値公示、日本政府や日銀・RBAの要人発言、中国政府高官の突発的な発言などで賑わう9時~18時に限定したトレードランキングです。

東京市場対決!取引量トップ10(単位:千通貨)

f:id:gaitamesk:20191205134943p:plain

トップは常連の鳥取が制す!スワップ長者の香川県は東京市場で活発化

結果は鳥取県が219.4万通貨でトップを飾り、宮崎県が188.4万通貨で2位、佐賀県が142.5万通貨で3位となりました。(※2)
10月は24位まで順位を落としていた鳥取県ですが、東京市場限定勝負で底力を見せつけました。
また、月別ランキング上位の猛者が並ぶなかで異彩を放つのが、スワップポイントランキングで不動の1位を誇る香川県。
10月の取引量ランキングでは43位に終わる結果となりましたが、東京市場限定の取引量勝負で10位に食い込むなど意外な一面を見せています。

東京市場対決!勝率トップ10

f:id:gaitamesk:20191205135014p:plain

勝率強者が勢揃いのなか福井が勝利!

次は東京市場に限定した勝率(※3)ランキングです。
こちらは月別ランキングで「勝率王者」の福井が75.3%で余裕の勝利をつかみ、鹿児島県が71.8%で2位、熊本県が70.5%で3位と続きました。
いずれもランキング上位を占める強者揃いですが、10月ランキングで5位の好成績を残した岩手県は18位(65.8%)の結果に終わっています。

【特集2】直近3カ月、ロンドン市場対決!

特集2はロンドン市場で直近3カ月(8月~10月)の対決!
欧州の経済指標や要人の講演、英ブレグジット関連の突発的なニュースやロンドンフィキシングなどイベント盛りだくさんの16時~25時に密着したランキングです。

ロンドン市場対決!取引量トップ10(単位:千通貨)

f:id:gaitamesk:20191205135037p:plain

活発なロンドン市場!愛媛・鳥取が首位交代

まず1人あたり取引量のトップは220.1万通貨で愛媛県、2位は僅差の217.9万通貨で宮崎県、3位は216.5万通貨で徳島県が奪取しました。
東京市場で6位の愛媛県がロンドン市場では首位に立ち、反対に鳥取県は首位から6位へ交代するなど特徴のある動きがみられるランキングとなりました。
また上位陣がいずれも200万通貨を超え、全都道府県平均の取引量が東京市場を上回るなど、16時~25時のロンドン市場の盛り上がりを感じさせる内容となっています。

ロンドン市場対決!勝率トップ10

f:id:gaitamesk:20191205135108p:plain

岩手県、ロンドン市場で急伸!

ロンドン市場の勝率ランキングは東京市場に続き、73.8%で福井県が連続奪取!
2位は岩手県の70.8%、3位は京都府の70.1%と続きました。
また、熊本、山口県などもやや勝率が低下したものの順当に上位を占め、安定した強さを見せました。
この中でも目を引くのが2位の岩手県。
東京市場では18位(65.8%)とやや冴えない結果となりましたが、ロンドン市場で息を吹き返したように70.8%と7割台まで急伸し、みごと首位争いに加わりました。

【特集3】直近3カ月、ニューヨーク市場対決!

特集3はニューヨーク市場での対決!
米国の重要指標や連銀総裁の講演、欧米首脳による発言、観測報道などが飛び交い、為替市場が最もアツくなる21時~30時の覇者はどの地域だ!?

ニューヨーク市場対決!取引量トップ10(単位:千通貨)

f:id:gaitamesk:20191205135129p:plain

福岡県がランク内に浮上!鳥取は徐々に取引縮小へ

まずはニューヨーク市場に限定した1人あたり取引量対決です。
こちらは1位が愛媛県(196.7万通貨)、2位が宮崎県(177.9万通貨)、3位が徳島県(173.1万通貨)となりました。
ロンドン市場より上位メンバーが引き継がれてさほど変化はみられませんが、東京市場13位の福岡県が6位(86.5万通貨)まで浮上したことが目を引きます。
反対に鳥取県は東京市場で1位、ロンドン市場で6位、さらにニューヨーク市場で16位(60.5万通貨)と順位を落とし、欧米市場に向けて取引が徐々に控えめとなっていることがわかります。

ニューヨーク市場対決!勝率トップ10

f:id:gaitamesk:20191205135155p:plain

福井、三冠達成!ニューヨーク市場で光る奈良県

最後はニューヨーク市場での勝率ランキングです。
こちらは72.4%で福井県がトップを制し、東京・ロンドン・ニューヨーク市場を通して三冠王を奪取しました!
続く順位も岩手県が70.3%で2位、京都府が69.0%で3位とロンドン市場の流れを引き継いだ格好です。
一方、6位(67.3%)の奈良県は東京市場14位、ロンドン市場15位から大きく順位を上げ、ニューヨーク市場を中心に活躍する特徴がみられました。

全都道府県を3市場で比較

全都道府県の1人あたり取引量

f:id:gaitamesk:20191205135224p:plain

全都道府県の勝率

f:id:gaitamesk:20191205135245p:plain

取引量・勝率ともロンドン市場がトップ

47都道府県全体の1人あたり取引量をみると、ロンドン市場が81.3万通貨でトップ、続いてニューヨーク市場が63.5万通貨で2位、東京市場は53.6万通貨で3位となりました。
また、勝率はロンドン市場が65.4%で首位、次に東京市場が65.3%で2位、ニューヨーク市場は64.8%で3位となっています。
取引量・勝率いずれもロンドン市場がトップとなり、プレーヤー層の厚さを裏付けることになりました。
なお、ニューヨーク市場の勝率がやや控えめとなっていることから、同市場での勝負のシビアさを物語っているようです。

結果まとめ

東京市場・最強FX地域

f:id:gaitamesk:20191205140411p:plain

ロンドン市場・最強FX地域

f:id:gaitamesk:20191205135525p:plain

ニューヨーク市場・最強FX地域

f:id:gaitamesk:20191205135546p:plain

※1 数値はすべて稼働顧客のみを対象としたものです。
※2 数値はすべて小数第二位を四捨五入しています。
※3 「プラスになった決済回数÷決済の総回数」で算出。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.