ポンド/円 高値圏での越週を考えると、高値越えを素直に買い進みたい!

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20191209100021j:plain


■  ポンド/円 高値圏での越週を考えると、高値越えを素直に買い進みたい! 
先週は、水曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。先々週の時点でそれまでのもみ合いレンジを上抜けしていたことから、水曜日に一気に上伸したところは順張りでリスクを取りやすい局面だったと思います。木曜日も続伸したものの金曜日は小陰線の出現ということで一休み状態ですが、他の対円の通貨ペアと比較しても明らかなように、実体線の居場所は買い方有利の状況で変わっていません。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線が上昇トレンドに乗っているだけに移動平均線のサポートも力強いものとなっていますね。一方で、しばらく実体線が小動きを続けたこともあって、MACDが緩やかに下落しており、先週の実体線の上昇に対して強烈なダイバージェンスを形成している点は無視できない感じがします。
今週は、実体線が反発し先週の高値を超えてくるようであれば、すかさず買いで攻めたい感じがしています。対円の通貨ペアがいずれも円高へ向かいそうな雰囲気となっているだけに、ポンド円だけが買い進まれるというシナリオは描きにくい状況ですが、とは言え、やはり先週の高値超えはしっかりと買ってみたい感じがしています。MACDのダイバージェンスについては、少し目をつぶってもよいかもしれません。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 チャートの形状は悪化へ傾いた。目先は円高へ進みそう。。。 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。ボラティリティが低いこともあり、週初の下落で買い方は意気消沈、また、週末にかけて細かい陰線が続いたことで下値模索の動きへ発展しそうな状況となっています。少し戻せば上昇志向が強く、少し下がれば下値模索志向が強いという状況ですので、実に何とも言い難いところではありますが、目先については、やや弱含みが予想されて当然のチャート形成と言えそうです。
今週は、少し売り先行で臨みたい感じがしています。先週初めの2本の陰線が重くのしかかり、週末にかけても陰線が続いたことで買い方は悪い予感を抱いて週を越しているのではないでしょうか。大きな下落があるかどうか分かりませんが、少なくとも大きな上伸は見込めないと思いますので、スタンスとしては売り先行、下がったところはしっかり買い戻すというイメージで臨むのがよいのではないでしょうか。

■ ユーロ/円 先週末の陰線は、買い方の意気消沈を誘うかも。。 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週を通じての値幅はちょうど1円ということで、相変わらずの小動きが継続しています。また、金曜日の陰線で下を目指してはいますが、金曜日だけで上下79銭の値幅ということで、どこかで動けばそちらの方に、動かなければ動かないという短絡的な判断しかできないチャート形成になっています。
今週は、リスクを取るとすればやはり売り先行で臨むべき局面だと思います。小動きが続いていて、大きな動きに発展する要素は無さそうな状況ですが、チャートを細かく見ると、例えば先週序盤の上ヒゲも、やはり重石となってくることが予想されるからです。先週金曜日の陰線の効果がどれほどか見極める必要がありますが、週初から下がらずに細かい横線の出現が続くようであれば、もみ合い形成に入ると考えるのが妥当かもしれません。

■ オージー/円 引き続き動意薄。リスクテイクしにくい状態が続くか。 
先週は火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。1週間を通じた値幅は1円弱、ボリンジャーバンドの幅も更に縮小しており、小動きの極致と言えそうですね。先週水曜日の安値を付けた時点も、結局下ヒゲを引いて戻して陽線を形成していますが、その後、木曜日・金曜日は上伸することもなく、やはりトレンドの兆しを感じることは全くできません。
今週は、様子を見るよりないのではないでしょうか。先週水曜日の足形で買われなかったことを見てもトレンドレスであることが十分わかりますし、先週金曜日は「コマ」に近い足形が出現しており、相場全体として気迷い症状が十分に感じられます。リスクテイクする時期は、はっきりとした動きが見られてからでも十分遅くはないように思います。


■ ユーロ/ドル チャートの「カクカク感」が現状を的確に表現している。 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週初からいきなり、そこそこの大きさの陽線が出現したことで、チャート的にもダブルボトムを形成した感がありましたが、水曜日に長い上ヒゲが出現、木曜日の戻りに対して金曜日は陰線の出現ということで、ややチャート的にアンバランスな状況と言えそうです。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週月曜日の陽線の効果が消え去ったとは思いませんが、一方で、先週金曜日の陰線の効果というのも考えなければいけないと思います。MACDもそれほど大きな動きを見せているわけではありませんし、やはり実体線が中期・長期の移動平均線に収束する動きを見せる可能性が高いのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20191209100044j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.