FX動画「その時ポンドは?英国総選挙と為替市場」元外銀トレーダー松崎美子氏の見通し 2019/12/10

f:id:gaitamesk:20191209115521j:plain


12月12日に行われる英国総選挙。英ジョンソン首相が目指す2020年1月末のEU離脱(ブレグジット)を左右する今回の総選挙について、結果の予想やポンド市場への影響など著名な識者に聞きます。FX個人投資家必見の内容です。

要旨:
・保守党単独過半数がメインシナリオ。
・与野党の差(マジョリティー)が30議席以上でポンド上昇か。
・保守党がギリギリ過半数のとき、ポンドは一度上がっても全戻しになる可能性もあり、やっかい。
・保守党優位のハングパーラメントの際、最悪は再度の総選挙も考えられる。
・労働党優位のハングパーラメントの際、コービン党首辞任で連立先を探す可能性あり。
・出口調査では保守党優位でも、投票結果では労働党が選ばれている可能性もある。そうなると、2016年の英国EU離脱の国民投票時の悪夢が蘇ることも。
・投票結果(日本時間午前7:00)から2~3時間以内に大どんでん返しが無きにしもあらずなので、13日(金)の午前中は注意が必要。
・2017年の総選挙ではポンドは3%ほど変動したため、今回もボラティリティが高くなる可能性あり。
・英国の政治は土日に動くため、16日月曜日のポンド相場窓開けも注意。
・引き続き世論調査、新聞一面などを注視し野党の巻き返しなどを確認していきたい。

英総選挙に向けた注目点:
・世論調査は出た数字全部見てほしい
・新聞の一面にどういう記事が出るか
・ボリス氏の発言(失言はないか)
・労働党に対してどれくらい好意的な報道等が出るか

特設ページ<その時ポンドは?英国総選挙と為替市場>

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain 元外銀ディーラー
松崎 美子(まつざき・よしこ)氏
1988年渡英、ロンドンを拠点にスイス銀行・バークレイズ銀行・メリルリンチで外国為替トレイダーとセールスを担当。現在は個人投資家として為替と株式指数を取引。ブログやセミナーを通して、ロンドン直送の情報を発信中。

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top