FXの初心者は何ロットから始めるべきなのか

f:id:navimedia:20191210164038j:plain

いざFX取引を始めるとなると「一体どれくらいの金額から始めたら良いのだろう?」と疑問に抱く、投資初心者は少なくないでしょう。
FXでは「ロット」という単位で取引を行います。
この「ロット」について正確に理解することが、利益をあげるために必要です。
そこで、FX取引における投資金額、ロット数、FX最大の特徴であるレバレッジについて、分かりやすく解説するとともに、FX取引初心者にとって安心して取引できる資金額やロット数について考察します。

そもそも「ロット」とは

「ロット(Lot)」とは取引数量、もしくは取引単位のことを指しています。
現在、FXの取引サービスを提供する会社の多くが、最低ロット(1ロット)を、「1,000通貨」や「1万通貨」という取引数量に定めています。

例えば、1ロットが1,000通貨の場合、米ドル/円取引において、為替レートが1米ドル=100円と仮定すると、1ロットとなる10万円分(100円×1,000)が、ドル/円の最小ポジションということになります。

これは、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、トルコリラ、南アフリカランドなど、その他の通貨ペアにおいても、同様の仕組みになっています。

FX取引においては、このロット数毎で、外貨を購入することになります。
もちろん、リスクをとることになりますが、大きなポジションを持つことも、反対に小さなポジションを持つことも可能です。
なお、ロットの設定は、各FX業者や、通貨ペアで異なるので、取引を開始する前に、ロットの設定について、FX会社に確認しておきましょう。

FX最大の特徴「レバレッジ」と「ロット」の関係

FX最大の特徴は、「レバレッジ」を効かせた投資が可能なる点でしょう。
レバレッジとは、元手となる投資金額の何倍もの金額でFX取引が行える仕組みのことです。
例えば、レバレッジを10倍に設定すると、10万円の元手で100万円のFX取引が可能になります。

このレバレッジの仕組みを活用すると、少額資金にも関わらず、大きな利益を得られることがあります。
一方で、相場の読みが大きく外れて、大きな損失を出すこともあります。
このレバレッジこそが、他の金融商品にはないFX取引の最大の魅力なのです。

実はFX取引において、「ロット」と「レバレッジ」は密接に関係しています。
ロット数やレバレッジが変わると、必要となる証拠金(FX取引を行う際に担保とするお金)の金額が変わるからです。
先ほどの例を利用しましょう。
1ロットが1,000通貨、1ドル=100円のとき、国内のFX会社で、あなたが1ロット=10万円分のポジションを持っているとします。
このポジションを持つために必要な証拠金額は、個人投資家の国内の最大レバレッジは25倍ですから、10万円÷25倍=4,000円の証拠金が必要になります。
この証拠金額はロット数を増やすほど高額になります。
例えば、2ロット(2,000通貨)では8,000円、5ロットなら2万円の証拠金が必要になります。

また、レバレッジが5倍や10倍に変更された場合、必要となる証拠金額も変わります。
レバレッジが10倍であれば10万円÷10倍=1万円、5倍であれば10万円÷5倍=2万円、1倍であれば10万円÷1倍=10万円の証拠金が必要になるというわけです。

レバレッジの設定方法

このようにレバレッジの設定は、FXの取引をする上で、大変重要になってきます。
ただ、通常FXでは、レバレッジが25倍に設定されています。
FX会社に中には、1倍、10倍、25倍など、レバレッジを選択できるところもありますが、そうでない場合は、自分で実効レバレッジを計算して、コントロールする必要があります。

なお、実効レバレッジは

1)取引額(ロット数)÷ 有効証拠金

で求められます。
つまり、取引額を少なくするなり、有効証拠金を増やすなりしながら、レバレッジを設定しなければならないのです。

初心者が選ぶべきロット数とは?

それではFX取引を実践する投資初心者は、どれくらいのロット数、どの程度のレバレッジで投資を始めればいいのでしょうか。

まずは、ロット数とレバレッジの仕組みを十分に理解した上で、2倍〜5倍程度の低レバレッジから取引を始めみてはどうでしょうか。
もしくは為替相場の動きに慣れるまでは、1倍でもいいのかもしれません。
初心者にとっては、取引そのものに慣れること、各通貨ペアに影響を与える政治や経済などファンダメンタルズの分析を覚えながら、とにかく投資経験を積むことが大切なのではないでしょうか。
初心者がやみくもに大金を投じて、高レバレッジ取引にチャレンジしても、どこかで大損してしまい、FX市場から退場を余儀なくされる可能性が高いからです。

低レバレッジにするために必要な証拠金額とロット数を計算し、徹底的な資金管理の元に、リスクを限定して、取引の経験を積み重ねる。
これが安全に長くFX取引を続ける秘訣のように思います。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.