「カナダの経済指標が悪化!米国景気が不安定の兆候か?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

先週の米・雇用統計は、ADP雇用統計の結果とは正反対にすこぶる好結果だった米国ですが、その陰でカナダの雇用統計は大幅に悪化をしておりました。 

失業率が10月5.5%だったものに対して、11月は5.9%と大幅悪化し、雇用者数も−7.12万人を記録するなど、計算でも誤ったのか??というぐらいの急激な悪化でした。

【参考】
https://www.gaitame.com/markets/indicator/index.html?year=2019&country=加

一過性のものに過ぎないのかもしれませんが、これが現状の経済状況からくる歪みのものだったとしたら、リセッションの兆候かもしれません。

カナダの貿易輸出相手は、約75%は隣国の米国になります。カナダは中国に対しての貿易依存度は5%に過ぎませんので、明らかな米国依存体質の国です。

小売売上高の経済指標もここ半年、マイナスの数字が目立ちますし、明らかに何かの兆候かもしれません。

政策金利は米国と並んで1.75%を保っている国ですから、利下げの余地も残しております。来年はカナダも利下げ競争に乗り出してくるか、またはカナダドル安のベアトレンドが発生するか、注目ではないでしょうか。

ドル/カナダ週足、上昇トレンドは一服中

f:id:gaitamesk:20191211154154p:plain

さて、変わり種通貨ペア、USD/CADの週足をご紹介したいと思います。
ドル高の長期トレンドに乗って上昇をしてきていたドル/カナダですが、今年からドル高の頭打ちにて、高値圏で揉み合いとなっているようです。
しかも、ドル/円に負けないほどのボラテリティ(笑)
今年のドル/カナダは500pips程度の低ボラテリティで推移をしていたようです。

ぱっと見、反転の形状にも見えなくもありませんが、トレンドラインを右に抜けてきてから時間が少し経過し過ぎているかもしれません。反転失敗でしょうか?

ファンダメンタルズを考慮して、買いトレードをイメージしてみます。
まず、1.30付近にはサポートラインも引けそうですし、下降ウェッジのサポートラインも1.30付近と重なりそうです。
1.30の節目には、大型のオプションもあるでしょうし、今後のカナダ経済指標悪化を見越したトレードをするなら、ここをバックに買いトレードが狙えるのではないでしょうか。
日足に時間軸を落としてみます。

日足は小さなチャネルライン内で推移

f:id:gaitamesk:20191211154122p:plain

日足では、ピンクのラインで引いた右肩下がりのチャネルラインで推移していたことがわかります。
こちらも下限のラインが1.30付近とサポートの目安としては非常にキリの良い数字です。
まだここまでは約230pipsも距離がありますが、直近安値の1.3160付近に引けるサポートラインから短期的に上方向に仕掛けていくなら面白いかもしれません。
チャネルラインの上限をブレイク狙いでスイングトレードを狙ってみたいと思います。今回のトレードは中期的なトレードになりそうです。
1〜2ヶ月ぐらいのポジションホールドを覚悟したレバ1倍程度のトレードでしょうか。

米中通商交渉待ち、ドル円は動き出すのか?

f:id:gaitamesk:20191211153953p:plain

もう1通貨ペア、ドル/円の日足も見ておきましょう。
日足ですが、小さな上昇チャネルレンジの下限付近に差し掛かっております。
少し強制的に引いてしまったチャネルレンジゾーンですが、下値を割り込むかポイントです。
RCIの形状を見ていると、下方向に向き始めていた3本線が上方向に向き始めております。
もう1〜2日経過後、現在の水準より少しでも高い位置で推移をしますと、また上昇に転じる可能性があります。
米中通商交渉は大詰めになってきており、スマホやPCなどの電子機器にあたる輸入品に関して、追加関税発動の是非が大詰めを迎えております。
この関税を引き上げると、小売指標にダイレクトに影響してくると思いますので、非常にデリケートな部分でもあるでしょう。
事前報道では、合意間近といったニュースが多く、リスクオンの側面はある程度織り込み済みかもしれません。
中国側と米国側のコメントにかなり隔たりもあり、個人的には合意というよりは、短期間の延期といった形に終わるのではないかと考えております。
米国株はここ数ヶ月、すでに織り込み済みだと思われますから、合意に至っても「セルザファクト」と認識されて下落するかもしれませんね。
正直、ドル/円のレンジ相場には飽き飽きしておりますが、トレンドレス相場は続くと仮定し、様子見姿勢でいきたいと思います。
カナダ売りトレード狙いでチャンスを伺いたいと思います。


【先週のコラム】
https://media.gaitame.com/entry/2019/12/04/160154


「外為注文情報」はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.