哀愁と追憶の米金融政策・・・FOMCをしっぽり振り返る powered by 外為白書 まんが!週刊FX

f:id:gaitamesk:20190830135020p:plain

まんがでお届けするFX。
今年の総仕上げに振り返りたい話題をお届けします。

f:id:gaitamesk:20191212173214p:plain

f:id:gaitamesk:20191212173258p:plain
ミスター米ドル
知らない者はいない基軸通貨・米ドルの精でリーダー的存在
世界180通貨をけん引する重責に、疲れる夜だってある

f:id:gaitamesk:20191212173347p:plain
おなべさん
冬季限定の小料理店女将。いろいろあって今の店に落ち着いたらしい
ミスター米ドルが通いだしてから為替に詳しくなった

上げて、下げて、元へと返す・・・諸行無常のFOMC
やるなら今だ!イケイケ利上げ全開モード(17年12月~18年6月)
まだいける?でもちょっと不安かも(18年7月~18年12月)
ちょっと待って、利上げ継続に疑問符か?(19年1月~19年6月)
いや、むしろ利下げだ!急ブレーキ(19年7月~19年12月)

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
(ガラリ)
女将、一本つけてよ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
アラめずらしい
今夜は 他通貨とりまきを連れてないのね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
まあ、一人になりたいときもあるさ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
うかない顔ね、なにかあったの?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
ナニ、あれやこれや振り返ったらいろいろ考えることがあってね
女将、FOMCって知ってるかい?
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
米連邦公開市場委員会(FOMC)でしょ
日本でいう日銀会合みたいなものね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
年に8回、米連邦準備制度理事会(FRB)の連銀総裁が集まって米国の金融政策を決めるんだが、ここ最近は特に感慨深かったのさ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
なにがあったの?よかったら聞かせてよ
(コトリ)
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
(グイッ)
期待されたって、色気のある話じゃねえぜ
いいから話してみろって?
そうかい、それじゃまあ、これを見てくれよ

FOMCのとても大ざっぱな流れ(17年12月~19年12月)

f:id:gaitamesk:20191212175407p:plain

上げて、下げて、元へと返す・・・諸行無常のFOMC

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
これァ2年前からの米金融政策をグッと縮めたやつなんだが・・・
女将、どう思うよ?
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
よくわからないけど、利上げと利下げが左と右でかたよっているような・・・
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そうさ
2年前、FRBはリーマンショックからの回復に自信を深めていた
景気が加熱するとインフレ率が高くなりすぎるから利上げをして金融を引き締めていたんだが・・・
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
2019年になってずいぶん利下げしてるのね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
といっても米国の景気は悪くないんだ
雇用情勢もとてもいい状態でね
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
なにがあったの?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
じゃあ詳しくみていこうか
ちょいと長くなるぜ・・・

FOMCの大ざっぱな流れ①(17年12月~18年6月)

f:id:gaitamesk:20191212180814p:plain

やるなら今だ!イケイケ利上げ全開モード

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
2017年12月、FOMCは政策金利を0.25%利上げして1.25-1.50%とした
まあ、メンバーのうち2人は反対していたがね
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
利上げは予想どおりだったの?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そう、この年はハリケーンの被害がひどかったんだが、それでも米国の経済指標や株価は堅調だった
年明けの2018年2月にはパウエルの旦那も議会証言で「利上げペースを速める必要がある」なんて言って、景気の加熱の方を心配していたくらいさ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
旦那ってのはパウエルFRB議長のことね
それじゃァ、万々歳じゃないの
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
慌てるなって、問題はここからだぜ
2018年3月、トランプのとっつぁんが鉄鋼輸入に25%、アルミ輸入に10%の関税を課す方針を発表
その後に最大600億ドル規模の中国製品に対し関税を課す覚書にも署名したんだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
とっつぁんって・・・トランプ米大統領のことかしら
これが「米中貿易戦争」のはじまりなのね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そう、なが~い戦いのはじまりさ
ただ、このときはまだ景気に安心感があったんだ
同じ月のFOMCではまた0.25%利上げして、次の年の利上げ回数の予想も2回から3回に引き上げた
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
そりゃまあ、景気がいいんだからねえ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
まァな
18年の6月にはさらに利上げして、政策金利は1.75-2.00%になった
FOMC声明も「経済は堅調な速度で拡大」なーんて上方修正して、年内の予想利上げを4回に引き上げたのさ

FOMCの大ざっぱな流れ②(18年7月~18年12月)

f:id:gaitamesk:20191212181547p:plain

まだいける?でもちょっと不安かも

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
2018年7月、半年に一度のFRB議長による議会証言が行われた
パウエルの旦那は落ち着いたもんで「利上げ継続は景気拡大を持続させる手段」などとかなり楽観的な見方を示したんだ
f:id:gaitamesk:20191212172355p:plain
まァ落ち着いた大人のいい男、アタシ好みよ~
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そりゃよかったな
ただし、ここからパウエルの旦那に試練が訪れるのさ
f:id:gaitamesk:20191212172355p:plain
あらァ、いい男には試練がつきものじゃない
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そりゃ恋愛小説の読みすぎじゃねェか?
で、この議会証言のすぐあとに、トランプのとっつぁんが「利上げは好ましくない!」「利上げ継続は気に入らない!」って例のツイート発言をぶつけてきたんだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
ずいぶんストレートなのね
でもいちおう大統領のいうことだし、ねえ・・・
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
ところが、だ
9月のFOMCでは全会一致で利上げをして、声明も「緩和的」の文言を削除、景気の先行きにも自信を示した
パウエルの旦那は大統領に決して おもね らないことを示したんだ
f:id:gaitamesk:20191212172355p:plain
もう、パウエルったらやるじゃないのう~
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
12月もトランプのとっつぁんが「FRBが利上げを検討しているということだけでも信じがたい!」とけん制したにもかかわらず、その後のFOMCで堂々と利上げを決めたんだぜ
f:id:gaitamesk:20191212172355p:plain
不屈の男ね!
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
おっと、惚れ直すのもいいが、まだ続きがある
たしかに利上げはしたんだが、このときの声明に異変があったんだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
どう変わったの?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
なんといっても利上げ意欲のトーンが一段下がったし、「世界経済と金融の動向を引き続き監視」という文言も加わって黄信号が灯った
パウエルの旦那も「金利の道筋を巡り、かなりの不透明感がある」なんて言い始めて急に弱気になってしまったんだ
f:id:gaitamesk:20191212172348p:plain
イヤ~な予感がするわね
f:id:gaitamesk:20191212172342p:plain
イヤな予感ほどよく当たるってね・・・
(グビッ)

FOMCの大ざっぱな流れ③(19年1月~19年6月)

f:id:gaitamesk:20191212182354p:plain

ちょっと待って、利上げ継続に疑問符か?

f:id:gaitamesk:20191212172338p:plain
2019年早々、金融市場で大事件が起きた
何が起こったか、わかるかい?
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
新元号の発表とか?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そういう平和なニュースならよかったんだがね
金融市場で1月の大事件といったら、アップルショックが引き起こした「フラッシュ・クラッシュ」のことをいうんだよ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
ショックだのクラッシュだの不穏な響きね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
不穏なんてもんじゃない
アップルが売上高を下方修正したことで株も為替も大混乱さ
市場心理の悪化にも拍車がかかって、予想金利は年内の利下げを織り込むところまでいってしまった
f:id:gaitamesk:20191212172348p:plain
ンもう、極端なんだから!
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
市場なんてそんなもんサ
そして、1月のFOMCでは今までヨイヨイ利上げしてきたムードが一転、「利上げ」の文言が削除されてしまった
代わりに加えられたのが、政策金利の調整に「忍耐強く」なるだろうというやつだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
忍耐?タカクラケンみたいにひたすら耐え抜くってことね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
なんだいそりゃ
これはな、要は政策スタンスが「利上げ」から「様子見」に切り替わったことを意味しているんだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
ならハッキリそういえばいいのにねえ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
中央銀行ってのはそういう独特な表現が好きなのサ
そして3月のFOMCでは景気判断をさらに下方修正、トランプのとっつあんの発言も「FRBは利下げをすべき」とどんどんエスカレートしていった
f:id:gaitamesk:20191212172350p:plain
パウエルさん・・・
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
それでも5月のFOMCでいったん中立な立場を示したんだが・・・
6月、ついに決定的な声明が出ちまった
景気拡大を維持するために「適切に行動する」ってやつだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
?そんなの当たり前じゃないのさ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
中銀は独特な表現をするって言ったろう
こいつは「次の行動は利下げ」ということをほのめかしているのさ
ついでに「忍耐強く」の文言まで取っちまった
f:id:gaitamesk:20191212172348p:plain
短い忍耐だったわねえ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
当時の議事録をみると多くのメンバーが早期利下げの必要性を指摘していたことがわかっている
利上げのサイクルが終わって、ここからFRBは急激にハト派(※1)へ傾いていくことになるんだ

※1 ハト派=金融市場では金融緩和を積極的に行う姿勢のことをいう

FOMCの大ざっぱな流れ④(19年7月~19年12月)

f:id:gaitamesk:20191212183207p:plain

いや、むしろ利下げだ!急ブレーキ

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
2019年7月、パウエルの旦那は議会証言で「FRBは米経済成長の下支えに向け適切に行動」と発言した
6月のFOMC声明を引き継いだ格好だが、改めて表明することでじわじわ緩和ムードを織り込ませようとしていることがわかるな
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
議会での証言といいながら、実はいろんな人に向けて話しかけているのね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そして7月末のFOMCで、ついに0.25%の利下げを決定した
ただ、パウエルの旦那は「利下げは緩和サイクルの開始を必ずしも意味しない」と釘を刺すことも忘れなかったんだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
なぜそんなことを?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
考えてもみなよ、ほんの半年前までFRBは利上げイケイケでやってきたんだ
いきなり本格利下げで冷や水を浴びせたら、市場がビックリしてまた混乱しちまうぜ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
だから発言でチクチクけん制するのね
f:id:gaitamesk:20191212172338p:plain
ところが次の9月!FOMCは連続で追加利下げを決めたのさ
政策金利は1.75-2.00%と18年6月の水準まで逆戻りしたわけだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
アラ!さっきは利下げしない感じだったのに
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
利下げしないなんて言ってないぜ?
パウエルの旦那によるとな、利下げは「米景気見通しを支え、リスクへの保険になる」ということらしい
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
えー、ズルくない~?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
ズルいものかよ
こういうのを、オレの国ではクレヴァーっていうんだぜ
利下げしても市場を逆なでせず、最小限の影響ですませる・・・最適解というやつだ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
納得いかないわぁ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
納得いかないのはトランプのとっつぁんも同じさ
もっとも、やつの場合はもっと利下げをしてほしかったらしく「ガッツがない!」なんて文句言っていたけどな
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
いまどきガッツって・・昭和の人なのねえ
f:id:gaitamesk:20191212172338p:plain
さらに10月には三連続で利下げを決定!
ただし、声明では「適切に行動する」の文言を削除したんだ
絶妙だろう?
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
どこがゼツミョウなのよ
ぜんぜんわからないわよ!
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
さっき「適切に行動する」は利下げを意味していると言ったろう?
これを消すことで「次も必ず利下げするわけじゃないよ?」というメッセージを発したのさ
米中協議やらブレグジットやらの進展をみながらどうにでも対応できるようにしたんだ
こういうの、日本じゃタマムシイロっていうんだっけな
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
マァ、世の中あいまいにしといたほうがいいことも多いわよね
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
で、先日12月11日には今年最後のFOMCがあったわけだが、これは予想どおり金利据え置き
さらに2020年いっぱいの金利も据え置き予想ときているから、建前的にはいまの政策を維持するということだな
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
パウエルさんはなんて?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
「利上げには著しく持続性のあるインフレ加速が必要」といって、利上げ、、、のハードルがすごく高いことを強調しているぜ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
え、もう利上げの話!?
利下げしたばかりなのに・・・
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
「利上げが難しい」と宣言したということはな、どちらかというと「利下げの可能性の方が高い」というメッセージになるんだよ
わざわざ利上げを引き合いに出したのは、暗に利下げをほのめかすためともいえるわけだな
f:id:gaitamesk:20191212172348p:plain
もう、最後までニクい ひと
でもクレヴァーなパウエルさんのことだから、来年どうするかアタシには見当もつかないわ
f:id:gaitamesk:20191212172342p:plain
そんなのオレだってわからねェさ
・・・と、まあ話はこれで終わりだ
短い間に上へ下へと、オレもちょっと疲れてね、グチっぽくて悪かったな
(グビッ)
f:id:gaitamesk:20191212172348p:plain
(コトリ)
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
オヤ、まだ徳利が空いてないぜ
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
アタシも一杯いただくわ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
そうかい、好きにしなよ
今夜は冷えるしな
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
雪が降るかもね
・・・ことしはまだ働くの?
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
明日は休場だし、年末に向かって取引も細くなる
せいぜいゆっくりさせてもらうさ
f:id:gaitamesk:20190816145502p:plain
というわけで今回は外為どっとコム総研レポートの集大成、「外為白書」最新号より、これまでのFOMCの流れをお届けしたのだ~

f:id:gaitamesk:20191213101134p:plain
ベレーちゃん
為替大好きなノマド宇宙人
通貨のいるところ神出鬼没

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
なんだ、迷子か?
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
きのこのお嬢さん、うちはもう看板よ
f:id:gaitamesk:20191213101953p:plain
外為どっとコム総研の看板といえばコレ!
「外為白書2018-19(第10号)」はただいま発売中なのだ!(※2)
主要通貨ペアの1年間の経緯のほか、FOMCなどの特集記事まで揃う特盛白書なのだ~
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
テンション高いわねこのコ
f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
どれ?ふ~ん、オレも載っているのか
f:id:gaitamesk:20190816145628p:plain
バッチリ載っているのだ~
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
アラ!アタシにも見せて~

f:id:gaitamesk:20191213102209p:plain
外為白書2018-19(第10号)内「マンガで解説!ベレーちゃんのイヤリービュー」より

f:id:gaitamesk:20191212172346p:plain
なかなかいいじゃねェか
今夜はこいつを肴にして過ごすとするかな
f:id:gaitamesk:20191212172352p:plain
なんだかしっぽりじゃなくなったわねえ
f:id:gaitamesk:20191213101953p:plain
しっぽりもいいけれど、じっくり読むのもいいものなのだ~
一部の図書館にも置いてあるから、ぜひ手にとってほしいのだ!

※2 Amazon.co.jpで販売中。書店での取り扱いはございません。

米連邦公開市場委員会(FOMC)のおさらい

◎米連邦公開市場委員会(FOMC)とは米国の政策金利などの金融政策を決定する会合
◎米連邦準備制度理事会(FRB)の連銀総裁が年に8回集まって具体的な方針や声明などを決める
◎基軸通貨・ドルの将来の金利を決定づけるため、市場の注目度はかなり高い
◎政策金利は基本的に景気が加熱したら引き締め(利上げ)、景気が悪化したら緩和(利下げ)で対応する
◎2018年までは景気に過熱感が出ていたため年4回もの利上げを実施
◎2019年になると米中貿易戦争、ブレグジットなどのあおりで世界景気に不透明感が現れ、FRBは「予防的に」政策金利を3回引き下げた
◎政策金利とともに発表されるFOMC声明は、前回の文言との差異が市場への重要なメッセージとなる
◎市場はこの声明のわずかな差異をウォッチしており、その解釈によって相場に大きな影響を与える

↓↓↓「外為白書」の詳細はコチラ!
f:id:gaitamesk:20191004161848p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.