“リスク・オンは長続きせず?”

f:id:okinawa-support:20191216165951j:plain


先週は、恐らく今年最後となるであろう幾つかの大きなイベントを熟し、ドル・円相場は108円台ミドルの膠着から抜け出して高値109.70まで上伸したが110円の壁を破る程の勢いは無かった。

市場の予想通り、FOMC.、ECB.理事会では政策金利の変更は無く、相場への影響は無かった。

英国の総選挙であるがこちらも市場の大方の予想通りジョンソン首相率いる与党・民主党が過半数の席を確保して来年1月末のEU.からの波乱無き離脱に向かって進むことになったが、市場の反応は凄まじかった。

日本時間金曜日の午前7時頃から開票速報が入り出し、与党・民主党の優勢が伝えられるとポンド・ドルは1.3150近辺から1.3510まで(+2.8%)、ポンド・円も143.70近辺から147.80まで(+2.9%)急騰した。

恐らく市場はポンドのショートで捕まっていたのだろう。
確かにシカゴ・IMM.の投機筋の12月10日(火)時点のポジションを見ると、随分減ったとはいえネットで2万2千639枚のショート・ポジション(約14億ポンド相当)が存在しており、その巻き戻しが入ったのであろう。
14億ポンドは巨大な外国為替市場の取引規模から考えると微々たるものであろうが特に流動性の低いアジア時間早朝で、同じく流動性の低い通貨ペアーであるポンド・ドルが買われると値が大きく飛ぶことは考えられる。

そして半日後の日本時間金曜日の夜半にはポンド・ドルは1.33、ポンド・円は145.50近辺まで丁度半値を戻しており、これからの英国の政治・経済情勢の行方への市場の期待の複雑さを見せつけた。

EU.離脱による英国・EU.の通商交渉、俄かに巻き起こったスコットランドの独立機運の高まりなど今から英国が直面する問題を考えるとそうすんなりとポンド買いに走るわけにはいくまい。

ドル・円相場は先週央から米中通商交渉に対する楽観的なコメントが聞かれだし、木曜日には109円台を超えるドル高&円安となっていたが、英国総選挙の結果ポンドが急騰してリスク・オンの動きとなり一時109.70の高値を示現したがポンドの反落につられて109.30近くまで戻して週を超えた。

懸案の米中通商交渉は貿易協議の“第一段階”と呼ぶ部分的な合意に達し、15日に予定されていた第4弾の制裁・報復関税の発動は見送られたが、依然としてドル・円の頭は重い。
今回の合意は来年の大統領選挙での再選を控えて何とか目に見える成果をアピールしたいトランプ大統領と、経済減速に歯止めを掛けたい習近平主席とのぎりぎりの妥協と思われるがこのレポートでも何回か指摘した様に今や米中協議は通商問題に留まらず、中国が内政干渉と決めつける香港やウィグル自治区の人権問題にまで広がっておりそう簡単に両国が政治的判断で手打ちを行うほど簡単な問題ではない。

どうやら合意無き離脱であるHard Brexit.が避けられ、報復合戦の様を呈していた米中通商交渉が取り敢えずの終息を見たことで世界経済を巡る当面の不透明さは軽減されたが、安心してリスク・オン相場に飛び乗る状況ではないと考える。

今年も残りあと2週間となり市場参加者の減少と共に市場の流動性も減り、同時に市場のボラティリティ(変動率)が増えることも有ろうが、“常に其処に在るリスク・オフ要因”には留意したい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.