「ドル/円、上値追いには燃料不足か」 外為トゥデイ 2019年12月17日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20191217094207p:plain

(1)
中国11月小売売上高は前年比+8.0%、同鉱工業生産は前年比+6.2%と、いずれも予想(+7.6%、+5.0%)を上回る伸びとなった。ただ、豪ドルの反応は限定的だった。

(2)
仏12月製造業PMI・速報値が50.3(予想:51.5)となり、続いて独12月製造業PMI・速報値も43.4(予想:44.6)、ユーロ圏12月製造業PMI・速報値も45.9(予想:47.3)となった。これらを受けてユーロが小幅に売られた。

(3)
英12月製造業PMI・速報値は47.4、同サービス業PMIは49.0と、いずれも予想(49.2、49.5)を下回った。これを受けてポンドは売りが強まった。

(4)
米12月NY連銀製造業景気指数は3.5となり、予想(4.0)に届かなかった。また、米12月製造業PMI・速報値は52.5と、予想(52.6)を僅かに下回ったが、ドルの反応は限られた。

(5)
前週末に米中が第1段階の通商合意に達した事を好感して米国株が上昇する中、ドル/円や豪ドル/円が上昇。ドル/円は、米12月NAHB住宅市場指数が76と、1999年以来20年ぶりの水準に上昇した事も支援材料になった。

(6)
クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、米中による第1段階の通商合意は完了したと強調。その上で「米国の対中輸出は2倍になるだろう」との見方を示した。

f:id:gaitamesk:20191217094307p:plain

ドル/円の見通し

 昨日のドル/円は、終値ベースで約0.2%の小幅高。米国株高を背景に一時109.60円台まで上昇した。米中が前週末に第1段階の通商合意に達した事を受けて、市場には慎重ながらも楽観的なムードが広がった。ただ、ドル/円は上値抵抗と目される109.70円台を前に戻り売りをこなせず伸び悩んでいる。前週の重要イベントを通過した上に、クリスマスシーズンを間近に控えているとあって、110円の節目を目指して上伸しそうな勢いは今のところ感じられない。

 世界的に株価が堅調に推移する中、ドル/円も底堅さを維持しようが、上値を試すには追加燃料が必要となりそうだ。

f:id:gaitamesk:20191217094351p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top