【FX動画】「どうなる2020年の為替相場!ポイントはやはり米大統領選?/フラッシュ・クラッシュは2020年の正月に発生する?ほか」マネトレ!2019年12月20日号

超実践FX~マネ育トレーニングより抜粋!
動画から一部をご紹介します。

2020年の為替相場の見通しと注目点を教えてください!

2019年は全般的に値動きが小さい年となり、ドル/円に関しては年間値幅は8円程度に留まりそうです。

f:id:gaitamesk:20191220155229p:plain

そこで、2020年の動向が気になるところですが、QUICKがまとめた月次調査(有効回答数78)によるとドル/円の見通し平均は、最高値が「103.98円」、最安値は「113.03円」との結果(単純平均)が出ており、ここから判断した限りだと来年も10円以上動かないと見通しということになります。

f:id:gaitamesk:20191220155408p:plain

来年は「強いドル」になると読んでいる関係者が目立つようで、最も上昇する通貨はドルと答えた人の割合が4割弱と最も高く、次いで日本円となります。
ただ、そうなると、ドル高と円高の綱引き状態で方向感が出づらいとの見通しにたどり着くのは無理はありません。逆にもっとも弱くなる通貨としては、人民元や日本円があげられており、日本円に関しては「最も強い」と「最も弱い」がそれぞれ2割以上で強弱感が対立しているような状況です。

f:id:gaitamesk:20191220155521p:plain

なお、2020年の注目点として、関係者の関心は米中通商交渉と米大統領選にほぼ集中しています。 2019年は米中問題に一喜一憂する展開となりましたが、それでも年内の値幅は8円程度に留まったところを見ると、来年も同問題で大きく円高・円安が進む可能性は低そうだとにらむのが一般的でしょう。

f:id:gaitamesk:20191220155833p:plain

次に米大統領選挙ですが、現在はバイデン氏をはじめウォーレン、サンダース氏ら「4強」で混戦模様です。
市場が最も警戒するのは極左・ウォーレン大統領の誕生ですが、今後候補がだれに絞られるかでマーケットが大きく動揺するでしょう。

f:id:gaitamesk:20191220155947p:plain

そのほか、2020年のテールリスクを挙げてもらったところ「世界的な金融危機」(38%)が4割近くに上っています。
低金利下の膨張予算懸念などが広がっていますが、今すぐにリーマンショック級の経済危機に陥る可能性は低いとみていいでしょう。

f:id:gaitamesk:20191220160135p:plain

超実践FX~マネ育トレーニング配信中

超実践FX~マネ育トレーニングの最新号では「どうなる2020年の為替相場の見通し!市場関係者のアンケートで判明した上昇・下落予想通貨と相場のテーマ/正月休みにフラッシュ・クラッシュは再来するか!?」のタイトルで
「トレード技術・デイトレード編」
「ファンダメンタルズドリル」
「マネ育相談BOXに寄せられたご質問の回答」
と盛りだくさんの内容でお送りしています。

超実践FX~マネ育トレーニングはコチラ

f:id:gaitamesk:20191220161538p:plain

 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top