「ドル/円、動意薄」 外為トゥデイ 2019年12月26日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20191226085936p:plain

(1)
独、仏、英、米などの主要国のほとんどがクリスマスの休日とあって、東京市場終了後の為替レートは気配値のみとなった。

f:id:gaitamesk:20191226085928p:plain

ドル/円の見通し

昨日のドル/円は、クリスマスで大多数の国が休日となる中、109.35-40円前後で膠着。

本日も、豪、独、英など多くの国が休日となるため、小幅な値動きが続く公算が大きい。米国は休日でこそないもののクリスマス休暇中の参加者が多いと見られ、NY市場でも動意は期待できそうにない。流動性が低下する中でのレート急変には引き続き注意が必要だが、北朝鮮の動向や米中通商協議などに絡む突発的なニュースがなければその可能性も低そうだ。

f:id:gaitamesk:20191226085933p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top