「流動性下がる正月休みは急落の警戒を」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20191226085632p:plain

19日、トルコ金融当局が為替スワップ取引の規制強化を発表した事でトルコの短期金利市場が混乱。
これを嫌気する形でリラ/円は2カ月ぶりに18.30円台に下落しました。
スポット取引に対する規制ではない事もあってひとまず下げ止まりましたが、クリスマス・ウィークに入り市場の動意が限られる中、リラの戻りは鈍く18.30-40円台の安値圏でもみ合いが続いています。

年末年始のトルコリラ/円といえば、昨年初めの「フラッシュクラッシュ」が記憶に新しいところです。
昨年1月3日の早朝には、流動性が著しく低下する中、リラ/円がストップロスを巻き込みながら瞬間的に10%超急落しました。
足元の市場環境は昨年のように悪化しているわけではありませんが、投資家のポジションがリラの買い持ちに大きく傾いている点は昨年と同じです。
欧米諸国との関係悪化やトルコ中銀の利下げ観測など、リラ相場を巡る環境は芳しくないだけに、流動性の低下が想定される日本の正月休みは、念のため急落を警戒しておいたほうが良いかもしれません。
なお、トルコでは1月2日から9日の間に12月消費者物価指数が発表される予定です。

<注目の高金利通貨より抜粋>

f:id:gaitamesk:20191226090029p:plain

f:id:gaitamesk:20191226090102p:plain

f:id:gaitamesk:20191226090123p:plain


【これまでのトルコリラ関連記事はこちら】

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top