「中東混乱で原油高となればリラ下落も」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20200107121444p:plain

年末年始を挟んだイランと米国の対立で原油価格への影響が懸念されている。
中東地域の混乱は原油高になる可能性が高く、1バレル63ドル台の原油価格のさらなる上昇はエネルギー輸入国であるトルコには打撃だ。

トルコ議会は2日、リビアの暫定政府を支援するため派兵を承認した。
これまでは武器供与を行ってきたが、今回の決定は一歩踏み込んだ対応となる。
対立するリビアの武装勢力は今回のトルコの決定を非難している。
武装勢力はこれまでも暫定政府へ攻撃し、5日にはリビア士官学校を攻撃し学生が死傷している。

f:id:gaitamesk:20200107121605p:plain

f:id:gaitamesk:20200107121636p:plain

f:id:gaitamesk:20200107121652p:plain


【これまでのトルコリラ関連記事はこちら】

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|米ドル/トルコリラ(USDTRY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/トルコリラ(EURJPY)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top