「イラン、ミサイル発射で報復行為! 米国の反撃は今晩あるか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

今朝ほど、イランからイラク国内の米軍基地に向けてミサイルが発射されました。米軍安否のほどはまだ分かっていないようですが、報道によっては、基地を少し外して着弾させた、などの情報も入ってきております。
さらに、昼ごろ、イランから飛び立ったウクライナ行きの旅客機が墜落したようで、180名が今のところ安否は不明となっているようです。
ウクライナの旅客機となると、プーチン大統領の影が少し脳裏に浮かびます。
このタイミングでロシアが仕掛けたとは思いませんが、これらを連想させるものは、やはり戦争です。

今回は明らかに米国側から仕掛けたものであり、挑発行為にしては、イランの軍のTOPを暗殺するなど、やりすぎ感はあります。
中国を牽制するために、米国はその気になれば、やってしまうのだぞっといった感じでしょうか?

この問題があっさり解決するとは思いません。
まだまだ今朝のことですので、これから蒸し返しや今晩でまだ色々な報道があるのではないでしょうか。

米株は健全すぎる!しかし、バフェット指数は150%を超えている。

f:id:gaitamesk:20200108150901p:plain

出所:https://www.gurufocus.com/stock-market-valuations.php

今回はチャート分析の前に少しご紹介したいものがあります。
こちら、バフェット指数といって、米国の株式とGDPを割ったものをインデックス化しているものになります。
ウォーレンバフェットは、このインデックスを参考に100%で等価、120%以上で買われ過ぎ、150%にもなると、歴史的高値水準と判断して株式投資をする判断材料の一つとしているそうです。

これが本日現在、152%にまで上昇しており、2000年のITバブル絶頂期の水準にまで到達してしまったことがお分かり頂けると思います。
すでにバークシャーハサウェイはキャッシュポジションを増やしており、リセッションに備えた投資判断をしているようです。
つまり、間も無く米株は天井を明確にうつ!?といったようなシグナルが点灯中というわけです。

過去に戦争が起こった際は、米株が上がりますが、このバフェット指数からみるバブル絶頂期となると、株式市場も上がるのかどうか、定かではありません。
もしかしたら、今回の事件で最後の上昇相場が到来し、オーバーシュートして、急落するようなことがあるのか?個人的には非常に気になっている資料の一つになります。
これらを参考に、為替相場を分析していきたいと思います。

ドル円は今一度、上昇してから、急落相場になるのか?

f:id:gaitamesk:20200108150911p:plain

ドル円日足チャートです。
上昇チャネルレンジを明確に割り込んできまして、下落トレンド開始の形状をしておりますが、歴史的な低ボラテリティは変わりなく、見た目以上にそこまで値動きがありません。今朝の下落もすでに戻してきておりまして、もしかしたら、意味もなく大きく反発をするのかもしれません。 ただし、RCIは3本とも下方向を向いており、下落を示唆しております。
今回はファンダメンタルに大きく左右される相場ですが、戦時の際にはやはり円買いですし、ここ最近はリスクオフ相場では全くの円買い反応がなかったことから、上がり出すとまた投資家はリスクオンと判断して買い戦略を仕掛けてくるのではないでしょうか。
これらを加味すると、突発的な上昇は、思い切って逆張りで売ってみる戦略がありではないでしょうか。
つまり、直近のストップロスをハンティングされた後に売りを狙うというわけです。このシナリオをイメージしながらのトレードを模索してみます。

f:id:gaitamesk:20200108150921p:plain

ドル円4時間足です。
直近の高値にレジスタンスラインが引けます。108.60円と108.90円になります。
ここはあえてブレイクされる前提でトレードをしていき、上髭を確認したら、売りで入っていくと全戻しなんてこともあり得るのではないでしょうか。
現在は非常に市場が薄く、ヘッドラインに多く振り回される展開です。
テクニカルよりは、ポジションの傾きとストップの位置をイメージしながら、思い切ったら逆張りトレードが有効だと思われます。

米株がいずれかは崩される展開を期待して、個人的にはやはり円買いをイメージしたいです。


【先週のコラム】
https://media.gaitame.com/entry/2019/12/18/155127


【インタビュー】

media.gaitame.com

media.gaitame.com


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.