「ドル/円、上値抵抗を突破できるか」 外為トゥデイ 2020年1月10日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20200110094021p:plain

(1)
豪11月貿易収支は58.00億豪ドルの黒字となり、黒字額は予想(41.00億豪ドル)を上回った。その後に発表された中国12月消費者物価指数は前年比+4.5%(予想:+4.7%)、同生産者物価指数は前年比-0.5%(予想:-0.4%)であった。

(2)
独11月貿易収支は183億ユーロの黒字となり、黒字額は予想(213億ユーロ)に届かなかった。一方、独11月鉱工業生産は前月比+1.1%と予想(+0.8%)を上回る伸びとなった。

(3)
中国商務省は、第1段階の米中通商合意の署名に向けて劉副首相らが13日から15日にワシントンを訪問すると発表した。

(4)
カーニー英中銀(BOE)総裁が「金融政策委員会(MPC)は近い将来に金融緩和を行う利点について議論している」と発言。BOEには「少なくとも2倍」の資産購入余地があるとした他、「フォワードガイダンス」も活用できる手段だ、との見解を示した。これを受けてポンド売りが強まった。

(5)
米新規失業保険申請件数は21.4万件と、5週間ぶりの水準に減少し、市場予想(22.0万件)を下回った。

(6)
英下院は、欧州連合(EU)離脱関連法案を330対231の賛成多数で可決。1月31日の離脱が事実上確定した。ジョンソン英政権は今後、年末までの「移行期間」内にEUとの自由貿易協定の締結を目指す事になる。ただ、バルニエEU首席交渉官はこの日の講演で「今後の日程は極めて厳しい」とし、「1年足らずで新たなパートナーシップのあらゆる項目で合意を見込むことは単純に無理だ」と述べた。

f:id:gaitamesk:20200110094213p:plain

ドル/円の見通し

昨日のドル/円は109円台半ばへと続伸。米イラン関係の緊張緩和や米中通商合意を巡る楽観ムードに支えられて世界的に株価が上昇する中、一段の円安が進行した。ドル/円は、年末年始の下げを全て埋める形で12月高値の109.73円前後に再び接近。

本日の米12月雇用統計で米経済の強さが再確認できれば、強い上値抵抗と目されている109.70円台を上抜けるとともに、約8カ月ぶりの110円台回復も見えてこよう。なお、米12月雇用統計の主な項目の市場予想は、非農業部門雇用者数が16.0万人増、失業率は3.5%、平均時給は前月比+0.3%などとなっている。

f:id:gaitamesk:20200110094311p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top