「アメリカとイランは戦争間近!?中東の地政学的リスクとは」まんが!週刊FX 2020年1月10日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。
今回おさえておきたいネタはこれだ!

f:id:gaitamesk:20200109152104p:plain



▼2020年の年明けは・・・?
▼中東の地政学的リスク
▼中東の地政学的リスクで動く通貨
▼その他の地政学的リスク
▼まとめ

2020年の年明けは?

f:id:gaitamesk:20190906143043p:plain
新年明けましておめでとうございますなのだ!
今年もよろしくお願いしますなのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
今年もよろしくベレーちゃん。ことしは日本ではネズミ年ということで、相場を追っかけまわしていきたいね。ところでベレーさん、今年の相場見通しやFX戦略をかんがえるためにも正月の値動き解説を聞きたいんだけど
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
早速円が買われてるのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
えっっっ!!!

f:id:gaitamesk:20200109160553j:plain

※1月3日ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円30分足

f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
オーマイゴッド・・・
ちょうど1年前(2019年)は急激な円高になった「フラッシュ・クラッシュ」がおきててんやわんやだったけど、似た感じになったんだね。
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
年明け早々円が買われたきっかけ、それは・・・

中東の地政学的リスク

f:id:gaitamesk:20190816145611p:plain
それは3日にアメリカがイラン軍のソレイマニ司令官を空爆して殺害したという事件がきっかけなのだ・・・
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
どうしてそんな事件が?
f:id:gaitamesk:20190816145611p:plain
2019年のオマーン湾でのタンカー攻撃、米偵察ドローンの撃墜やサウジアラビアの主要石油施設攻撃という事件が過去にあって、その事件についてアメリカはイランに対して反撃はしていなかったのだ。けど最近はイラン軍による中東の米軍基地に攻撃があったりして、これ以上好きにさせてはよろしくないという事で今回の事件が起きてしまったようなのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
アメリカとしては、イランのこれ以上の行動をセーブさせるために、作戦を指示したソレイマニ司令官をたたく必要があったってことか・・・
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
ただ相手が相手でね・・・そのソレイマニ司令官はイランではヒーローだった人なのだ。だからイランのボス、ハメネイ師は「手を血で汚した犯罪者を待っているのは厳しい報復だ」とまで言っちゃって・・・
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
なるほどね。でもさ、世界最強のアメリカ相手に戦争を仕掛けることなんてできないでしょ?
f:id:gaitamesk:20190816145611p:plain
そんな中、8日イランがイラクにあるアメリカ軍基地に攻撃をしたというニュースが流れて円高に・・・
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
せ、戦争が始まってしまうのか・・・
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
と思ったんだけど、その後すぐイランのザリフ外相が「イランは均衡の取れた措置を終了、戦争は求めていない」とツイートしたことや、アメリカのメディアが「攻撃の早い段階でイランから警告があり、米兵は防空壕や塹壕に隠れることができた」って報道があったみたいで、もうお互いぶつかり合う事はなくなったっぽい!ってムードが広がったから、円高になったぶんは、すぐ値を戻してたのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
思ってたより解決が早かったネ
f:id:gaitamesk:20190906143043p:plain
さらにトランプ大統領はそのイランの攻撃について「イランは攻撃後、行動を抑制しているようだ」「イランの攻撃で米国人に死者はなかった」「イランが前進・繁栄できるようなディールが必要」などとする声明を発したのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
それはもうひと段落したって言ってもおかしくないよね。
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
まあ実際落ち着いたと言えば落ち着いたのだ。

f:id:gaitamesk:20200109164040j:plain

f:id:gaitamesk:20200109172927p:plain

f:id:gaitamesk:20200109173007p:plain

f:id:gaitamesk:20200109173026p:plain

f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
じゃあもう中東のニュースとか気にしなくていいんだね!
f:id:gaitamesk:20190906143043p:plain
何を言っているのだ。地政学的リスクは中東だけの話ではないのだ。
今回みたいな地政学的リスクはいつなにがおこるかわからないから、世界の様々な出来事に常にアンテナを張っておくことが大事だって前も話したような気がするのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
ワッツ?なにその地政学的リスクって?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
例えば地政学的リスクは、紛争やテロによって世界経済に影響があるような出来事のことをいうのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
あ、前にやった香港デモとかまさに!
f:id:gaitamesk:20190906143043p:plain
その通りなのだ!

中東の地政学的リスクで動く通貨

f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
今回の事件がきっかけでリスク回避の円買いになったのはわかったよ。ただ他にもさ、なんかさ、FX取引に役立つ情報ってないですかね?いくら円買いといったってクロス円の通貨ペアはたくさんあるし・・・
f:id:gaitamesk:20190906142652p:plain
ろすきゃっと氏わがままなのだ!しかたないなあ。
今回事件が起きた国はどこの国だった?
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
えっと、中東はイランだったよね、それがどうかしたの?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
イラン含め中東は原油がたくさん取れる国なのだ!かっこよく言うと石油産出国。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
ワオ、その石油産出国が危険にさらされているねえ
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
石油産出国が危険になる、つまり石油の原料「原油」の供給リスクになってしまうのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
原油の供給リスク、供給リスクって原油不足・・・つまり原油価格が値上がりしちゃうってことね!
そうなると?
f:id:gaitamesk:20190906142652p:plain
石油産出国があったら、他にはどんな国がある?
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
そりゃあ石油掘って輸出する国があれば輸入する国もあるよね・・・
わかった、輸出する国が大変ってことは、輸入する国にも影響があるってことだ!
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
さすが!目の付け所がよくなってきたのだ!関心関心!原油価格が上がることで円買いになりやすい通貨ペアを先に知っておくことは大事なのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
じゃあ今回でいうと、どの通貨が原油の輸入国で一番影響があったの?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
原油の純輸入国であるのは南アフリカなのだ!
だから南アフリカの通貨、ランドが円に対して一番売られていたのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
原油の純輸入国であるランドの下落、リスク回避の円買いがあわさって、南アフリカランド/円が下落したってことね。
f:id:gaitamesk:20190906143043p:plain
これまた面白いのが同じ高金利通貨でも原油輸出国のメキシコの通貨、メキシコペソはどっちかというとあまり動かなかったから、正反対でおもしろいのだ~!

f:id:gaitamesk:20200110103848p:plain



その他の地政学的リスク

f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
今他にも世界で注目されている地政学的リスクはあるの?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
それはなんといっても米中の通商協議じゃないかな。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
あ、米中関係か!ちょっと忘れていたよ。
今の米中関係はどこまで進展しているの?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
2019年12月12日に通商協議の第1段階合意がほぼ確実と報道されて、今月1月15日には合意書の署名式が行われる予定なのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
ナイス、じゃあアメリカと中国の関係は次第に良くなってきているということ?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
良くなっているかはわからないけど、ひとまず落ち着いたんじゃないかなと思うのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
じゃあ安心だネ。
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
何をいっているのだ!
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
ワッツ?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
米中関係の他にも、北朝鮮問題や香港問題も残っているし。それに
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
それに?
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
イギリスのBrexitもまだ一安心とは言えないのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
確かにBrexitも地政学的リスクの一つか。
また新たな地政学的リスクも生まれるかもしれないしどうすれば・・・
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
さっきも話したのだ。
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
???
f:id:gaitamesk:20190906143043p:plain
アンテナを常に張っておくことが大事だってば!外為どっとコム総研の外為トゥデイはさっくり読めるから、FX投資家なら知っておきたい情報を知るには最適なのだ(宣伝)
f:id:gaitamesk:20190816144344p:plain
ベレーちゃん!!!!!

f:id:gaitamesk:20200110103030p:plain

まとめ

f:id:gaitamesk:20200110103910p:plain

関連リンク↓

<外為トゥデイ>

<まんが!週刊FX>

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.