今すぐYouTubeで聞ける! 銀シャリのほくほくマネーラジオ#13

銀シャリのほくほくマネーラジオ第十三回放送!



あけましておめでとうございます!

新年1発目の放送を1月2日に済ませたのにもかかわらず、鰻さんの信じられない挨拶からスタートした
2020年のほくほくマネーラジオ!
先週も言ったけど「今年も頑張ろう!」って今週も言いました。なぜ新年1発目感を2週にわたってお届けしているかは分かりません。鰻さんしか分かりません。そんな冒頭です。

さて、話題はさっそく鰻さんのFX奮闘記について。
「オーストラリアドルを買ったと思ったら、米ドルだった」という、呆れるほど初心者まるだしの進捗情報をこれまで届けしていましたが、米ドルは上々の値動きで、調子はとても良いそうです。そんなFXをやっている中「損益」という単語が度々現れるそうなのですが、「勝敗」のように、プラスの意味を持つ方が先に来るべきなのに、なぜ「損」の方が先に立っているのかという、まさかの「文字の順番」に引っかかっていることを報告。その考え方を落とし込むと、マイナスになった方がFXは勝ちなのか・・・?と、検索検索の毎日を送っている模様です。その後、FXを夫婦に例えた非常にキャッチーな解説をお届けしましたが、スタジオに外為スタッフさんがいる日じゃなかったので、その例えが合っているのか全く分からないのでした。

今週もコーナーはおやすみ!リスナーから送ってもらった贅沢エピソードを紹介していきました。

●「Airpods Proを買いました!」

鰻「俺も買ったで!」
橋本「いくらした?」
鰻「8000円とか」
橋本「じゃあ違うやん」

その後、最新機器を持つことの是非についてや、橋本さんがAmazonのみを使いこなし、鰻さんがZOZOTOWNのみを使いこなすという、不気味なインターネット情報をお届けしていたら
この1通だけでエンディングに突入してしまいました。

そんな、麺とお話しは伸びるのは良くない第13回目のほくほくマネーラジオでした!

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.