“リスク・オフからリスク・オンへの変化。“

f:id:okinawa-support:20200115174517j:plain


1月3日のアメリカ軍によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害をきっかけに米国とイランの報復合戦が激化するとの懸念から、ダウ工業株30種平均や日経平均株価は乱高下し、1月8日のイランによるイラク在住アメリカ軍基地へのミサイル攻撃で一挙にリスク・オフとなってドル・円相場は一時107.66の安値を付けた。
トランプ大統領の反撃次第では正に報復が報復を呼ぶ懸念が一挙に高まったが、イラン・アメリカ共に“戦争は望まない。”ことが分かると今度はリスク・オフの波がリスク・オンへと変わり、ドル・円は大きく買い戻されることとなった。

そもそもトランプ大統領は日本時間8日早朝のイランからのミサイル攻撃をイラクからの情報を通して知っており、米軍基地内の米兵を被害の及ばない地域に移動させ、またイランも意図的に戦略的に余り価値の無い所にミサイルを着弾させたらしい。

トランプ大統領は日本時間同日夜の記者会見で“イランの爆撃で米国人の死傷者は出なかった。”と胸を張り、イランに対してミサイル攻撃への報復として新たな経済制裁を科すものの軍事力は行使したくないと語り、国連のグテレス事務総長に“世界は今世紀最大の危機にある。”と言わしめた状況を、同総長が求めた、“関係国は対立をやめ、最大限の自制をし、対話を再開しなければならない。”を自らが率先して実践した。
イラン側は“我が国のミサイル攻撃によりアメリカ軍は80名の死者を出した。”と宣伝し,両国共に自国民に対しての面目を保つことが出来た。

アメリカ人は自国が重大な危機に瀕している時に大統領が果敢な決断を下すことを殊の外評価する。

1962年のキューバ危機の時のジョン・F・ケネディー大統領の決断にアメリカ国民は喝采した。
これで11月の大統領選での再選は確実だろうと言う人も多い。

取り敢えず新年早々の中東発の地政学的リスクは収まったかに見えるが、それにしても昨年5月以降何回かトライして破れなかった110円の壁をあっさり破るほどの買い圧力には驚いた。
どうやら110円を超えたところに大量のストップ・ロスの買い注文(ドルをショートにしていた人のドルの買い戻し。)が有ったらしい。
逆にそれだけ大量のストップ・ロスの買い注文が有ったにしては高値110.20で、頭も重い。
本日も110円丁度を高値として大きくは上がりそうにない。

大きくは105円~115円のレンジを意識して110円は概ねその中間と思って良いのだろうか?

財務省が昨日発表した11月の経常収支は1兆4368億円の黒字で、黒字は65ヶ月連続となりその幅は前年同月比で約75%拡大した。
直接投資は経常収支黒字を若干下回る1兆2899億円であったが我が国の経常収支黒字が今のペースで続く限り大きくは円安になる事は無いのではなかろうか?

新年早々108.50以下のストップの売り(AI.が仕掛けたも言われている。)、そして今度は110円を超えてからのストップの買い(短期プレーヤーのショートの買戻し。)に翻弄されたが、一昨年からのレンジ相場を振り返ると、下への追っ掛け売り、そして上への追っ掛け買いは慎みながら上手く立ち回りたい。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.