FX初心者がまず覚えるべき利食いのポイント

f:id:navimedia:20200124102958j:plain

FX投資は、通貨ペアを売買して利益を得る金融商品です。
この通貨の持ち高を「ポジション」といい、新しくポジションを持つことを「エントリー」、保有しているポジションを決済することを「エグジット」といいます。
あるポジションで利益が出ているときに、エグジットして利益を確定することを「利食い」と呼びますが、この利食いのタイミングが、FX投資を成功に導く上で非常に大切です。
いったいどうすれば、最も良いタイミングで利食いを行えるのか、初心者のために、そのポイントを解説します。

利食いと損切り

FXの世界で、難しい判断を迫られる局面の一つが、利益を確定するための「利食い」と、損失が出ているポジションからエグジットする「損切り」です。
チャートの変化を眺めながら「もっと相場が上がるのでは?」とか、「何とかして損失を回避できないか」とか、ついつい「欲」が出て、利食いや損切りの判断を鈍らせてしまうのです。
実際、経験を積んだベテランでも利食いのタイミングは難しいといわれています。
FXで成功している投資家は、自分の予想と異なる値動きとなったときの損切りが素早く、利益のピークに近いところでエグジットできるような判断を下しているのです。
それではノウハウのない初心者はどうすればいいのでしょうか。

利食いを間違えないための3ポイント

誰でも利益が最大になるタイミングでエグジットしたいと思って売買していますが、いつもうまくいくとは限りません。
特にFXの経験が少ない初心者は、タイミングの見当すらつかないのが実際でしょう。
そこで、初心者が利食いで失敗しないための3つのポイントを紹介しましょう。

1)利益幅

例えば、「1回のトレードで30銭(1万通貨で3,000円)利益が出たら決済」と決めておき、その利益幅に達したら必ず利食いをします。
そのまま持っていれば、それ以上の利益が出ることもあるでしょう。
しかし、欲を出さずに、ルールに従って、粛々と利益を確定します。
この方法であれば、変動の激しい相場にあっても着実に利益を積み上げられます。
その際、水準の設定が大切ですが、それはボラティリティ(通貨ペアの価格の変動率)で判断します。
各通貨ペアの1度の値動きが、どの程度の値幅になるかを、1日単位、1週間単位などでチェックして、その値幅より、やや少なめの利益幅で、利食い注文を出しておくようにします。

2)トレンドライン

トレンドラインとは、チャート上での相場傾向、方向性を示す線のことです。
FXの相場分析の基本となる情報です。
これ以上相場が下がらないと予測される「サポートライン」と、これ以上相場が上がらないと予測される「レジスタンスライン」に注目します。
これに近づいたら、一度、利益が出ているポジションで利食いをする目安です。
なお、これらのラインをブレイクすれば、その方向に相場の勢いは増し、さらなる利益をあげるチャンスになります。
経験を積んできたら、相場の動きを見ながら、今にもラインをブレイクしそうであれば、ポジションの全部は売却せず、一部をそのまま保有しておくというやり方もあります。

3)時間で区切る

相場の動きが自分の想定通りにならない場合は、時間を区切って、一度、ポジションを解消するのもひとつの方法です。
どの程度の時間で区切るのかは、相場の状況にもよりますが、欧州時間、米国時間など、相場が移動して、新たな投資家たちが参入してくる時間帯を前に、利食いするケースが多いです。
例えば、欧州時間に入ると、東京時間のときとは反対の方向に、相場が動く傾向にあるといわれています。

利食い判断のためのテクニカル分析

テクニカル分析などが持ちいられることもあります。
テクニカル分析にはさまざまな手法があります。
中でも利食いの目安を判断しやすいのが、多くのトレーダーが愛用している「ボリンジャーバンド」でしょう。
ボリンジャーバンドの詳しいロジックは、複雑になってしまうので、ここでは割愛します。
ちなみに、相場の値動きがその幅に収まる可能性が高い「±2σ(シグマ)」にタッチしたら、利食い注文を出すタイミングと判断するケースが多いようです。
相場の勢いが強いときは、その目安を「±3σ」にすることもあるそうです。

「欲をかかない」ことが利食いの一番のポイント

先ほども述べた通り、利食いはプロトレーダーでも難しいのです。
FXの初心者は、最初から欲張って大きな利益額を狙うのではなく、今回ご紹介したポイントなどを参考にしながら、自分にあった方法を見つけて、コツコツと利益を積み重ねていく姿勢が大切です。
そして、損切りは素早く、少しでも資金が減らないようにしてください。
FXでは資産が減ると、それを取り戻すためには、より利益率を上げないと、回復できません。
つまり、負けないことが一番大切なのです。
地道に“シングルヒット”を重ねることが、成功者になるための近道なのだと思います。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.