「英国経済指標は明らかな悪化傾向 利下げは今年1〜2回あるか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

【FXセミナーのおしらせ】
ひろぴー氏がブルースタジオに初登場!直接会って、質問しよう。
2月13日木曜日19時から開始。参加費無料、どなたでもご参加いただけます。
本レポート「実践!FXトレードストラテジー」への疑問に直接答えるほか、
FXトレーダーとしてレベルアップするための秘訣を取り上げます。
先輩トレーダーが日々どのような取引をしているか、身近に感じられるチャンスです。

f:id:gaitamesk:20200129124559p:plain


「外為どっとコム」「セミナー」
先輩トレーダーから学ぶがベスト! レベルアップセッション
https://www.gaitame.com/seminar/2002/13_tb_hiropi.html
 

目次

▼英経済指標は悪化傾向
▼GBPUSD日足チャートは三角保ち合い?
▼GBPUSD4時間、1.3050から戻り売り?
▼ドル円は押し目買い?

英経済指標は悪化傾向

英国経済指標が明らかな悪化傾向です。

f:id:gaitamesk:20200129162557p:plain

出典:外為情報ナビ 各国経済指標データ

1年間このように改めて眺めてみると、失業率は上昇、消費者物価指数、生産者物価指数が如実に下落。PMIも下落続きということで、リセッション入りが濃厚だと考えてよいでしょう。
GDPも、もしかしたら四半期で再びマイナスになるかもしれません。
明日のBOEによる利下げ確率は下がりましたが、引き続き、今年の春や年末にかけて利下げリスクは残っていくと思われます。
特に通貨安にも関わらず、インフレ率が下がっているということは、悪いインフレ傾向です。生産者物価指数が下落するということは、製造業側の売買コストも下がっているということになります。
つまり、企業の仕入れコストが下がる→受注額が下降傾向→製造業のPMI悪化、という構図です。
PMI製造業は引き続き悪化が続く可能性が高いと考えます。ポンドはブレグジットがどうであれ、直近の実体経済を反映させるとしたら、売りではないでしょうか

GBPUSD日足チャートは三角保ち合い?

f:id:gaitamesk:20200129163130p:plain

しばらくレンジ相場が続いておりますが、三角保ち合いにも見えなくはないです。個人的には、下限方向を狙ってショートポジションを保有しております。
1.30を大きく割り込んだり、割り込まなかったりですがいずれ下方向に1.29方向でスイングトレードを狙います。
RCI52 の長期線はTOPアウトを示唆する形状です。1.29前半にまで押し込めば、RCI26も下方向に再び向いてくるでしょう。トレンド加速のシグナルのですので、コアポジションは1.29割れを意識してトレード予定です。

戻り売りトレードを前提で時間軸を落としていきます。

GBPUSD4時間、1.3050から戻り売り?

f:id:gaitamesk:20200129163138p:plain

4時間足に時間軸を落とします。
下限にトレンドラインを引いてみました。
安値は1.29後半ですので、ここを明確に割込めれば下落トレンドが加速するでしょう。
米国の利下げも意識されますが、おそらくこのインフレ率と経済指標ならば、大統領選挙までは利上げもなければ利下げもなし、だと思われます。
米ドルが大きく売られることは考えておらず、結局ドル高の局面も今年は多いと思いますので、ポンドドルのショートを狙っていきたいところです。

戻りの目処は1.3050のレジスタンスラインを意識します。
今晩、米株の上昇があれば、リスクオンでもう一段高が望めますので、このタイミングで戻り売りを狙ってみたいとも考えております。

ドル円は押し目買い?

f:id:gaitamesk:20200129163150p:plain

ドル円4時間足もご紹介しておきます。
引き続き、円高、ドル高をイメージしておりまして、下がったところは買い、上がったところは売り?のイメージを持っております。
ただし、どちらかというとドル高方向で考えておりますので、ドル円は再び110円方向でトレードしたいと思います。

現在窓埋めが終了したので、新規のショートエントリーが増えたと考えます。
彼らの利食いを狙った新規の押し目買いを狙いたいところです。
引きつけて買うなら、61.8%押しの108.66円付近から。
108.50まで引きつけられたら、そこまでを想定しゾーンで拾います。
RCIは好転し始めており、次の押し目でRCI52が−80から脱する頃には打診買いを終えておきたいところです。

今週後半はポンドドル売り中心に、ドル円の押し目買いです。


【セミナー】

f:id:gaitamesk:20200129124559p:plain


【先週のコラム】

https://media.gaitame.com/entry/2020/01/22/155826

media.gaitame.com


【インタビュー】

media.gaitame.com

media.gaitame.com

media.gaitame.com


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.