初心者でも大丈夫!FXで月5万円を稼ぐ方法

f:id:navimedia:20200129202000j:plain

「将来のための資産形成を今から少しずつ始めたい。毎月5万円ぐらい収入が増えればなあ」と考えている方は少なくないと思います。
史上空前の超低金利が続いています。
銀行に預けていても、資産はほとんど増えません。
資産運用の必要性は多くの人が感じているはずです。
FXはその選択肢のひとつであり、月5万円の収入増も夢ではありません。
そこで今回は、投資初心者がFXで、月5万円の利益を生み出す方法について考えてみましょう。

1日2,000円の利益でOK!

まず、基本知識として、土曜日と日曜日は、為替相場が動かないためFX投資は行えません。
裏を返すと、毎月、20日〜22日は取引ができることになります。
月5万円の利益をあげるためには、逆算すると、1日あたり2,000円ほどの利益を稼ぎ出せればいい計算になります。
1日あたり2,000円と聞くと、簡単に達成できそうな気がしてきませんか?実際、投資初心者でも決して不可能な数字ではありません。
投資資金とレバレッジと目標PIPSの設定 この目標を達成するために重要になるのが、投資資金、レバレッジ、そしてpips(FXで用いる通貨単位)です。
FX取引に関する知識や経験が乏しい初心者が、最初からいきなり100万円単位でトレードするのは、「リスクが高すぎる」と言わざるを得ません。
ここでは、元手となる軍資金を、その3分の1程度にあたる30万円としましょう。

また、トレードの場数を踏んで、早くFXに慣れるためにも、最初はリスクを抑えることを優先し、レバレッジの設定は低めにしましょう。
投資資金が十分にない中で、いきなり25倍などレバレッジを高く設定すると、相場が予想と逆の動きをしたときに、あっという間にロスカット(強制決済)される可能性があります。
十分に注意してください。

なお、pipsですが、FXの異なる通貨間で共通する単位のことです。
そのため、1pipsがいくらになるかは、通貨によって異なります。
日本人にとって最も馴染みのある米ドル/円であれば、1pipsは0.01円(1銭)になります。

さて、1米ドル=100円のときに、レバレッジ10倍で取引を行うと仮定すると、30万円の資金で3万通貨の取引が可能です。
この時、相場が1pips動くことで300円(3万通貨×0.01円)の損益が生じる計算になります。
つまり、1か月に5万円を儲けるには、月に167pipsを稼ぐ必要があり、1日当たりで示せば約8pipsです。
米ドル/円でポジションを持つならば、この水準を前提に、むやみにトレードするのではなく、「収益が獲得できそうだ」というイメージが持てたタイミングで、8pips獲得を目標にトレードするようにすればいいということになります。

取引スタイルの選択

FXの取引スタイルはさまざまです。
数十秒から数分程度で取引を繰り返す「スキャルピング」や、1日のスパンで注文・決済を完了する「デイトレード」など耳にしたことがあると思います。
ところで、月5万円を稼ごうとする場合、どのスタイルが最適なのでしょうか。

先ほど示した米ドル/円の「8pips」というのは、1日のうちに十分に起こりうる値幅です。
したがって、短時間で頻繁にトレードを繰り返すスキャルピングを行わなくても、1日スパンで上昇や下落のタイミングを見計らい、買い注文、売り注文を入れるデイトレードで十分に獲得できるということです。

ただ、取引スタイルは十人十色であって、デイトレードはそのひとつにしかすぎません。
経験を重ねる中で、自分自身の志向にマッチした手法を見つけることができれば、デイトレードすら必要ありません。
あくまで1日の平均で8pipsが稼げればいいのです。
投資戦略を自分自身で考え、自分にあったやり方で柔軟に対応しましょう。
もっとゆっくりとしたトレードでも、月5万円の収益は、十分に上げられるはずです。

取引コストの安い会社を選択

最後に月5万円を稼ぐための大切な条件です。
それは取引コストの安いFX会社を選ぶということです。
毎日の“目標pips”を積み上げていくというやり方の場合、1回の取引の利幅は大きくありません。
そのため、取引コストが大きいと、目標利幅の達成はとても大変になります。
国内のFX業者の多くは取引手数料ゼロとしています。
ただ「スプレッド(売値と買値の差)」は通貨やFX会社によって異なり、このスプレッド自体がFX会社の収益となっています。
当然、スプレッドが小さいほど、トレーダーが支払う取引コストは安くなり、取引コストが安くなればなるほど、月5万円という収益目標は達成しやすくなります。
口座を開設するFX会社の選定では、この「スプレッド」が重要な判断基準になることを覚えておきましょう。


PickUp編集部

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.