「WHO、新型ウイルス『緊急事態』宣言」 外為トゥデイ 2020年1月31日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

目次

▼30日(木)の為替相場
(1):武漢から帰国した邦人 感染確認
(2):独経済指標 概ね予想通りの結果に
(3):BOE 政策金利(0.75%)を据え置き
(4):米10-12月期GDP 個人消費大幅に減速
(5):WHO 「緊急事態」を宣言

▼30日(木)の株・債権・商品市場&外為注文情報

▼ドル/円の見通し:
市場ムードの大きな好転は考え難い

▼本日の注目イベント

30日(木)の為替相場

f:id:gaitamesk:20200131101902p:plain

(1):武漢から帰国した邦人 感染確認

中国は、新型コロナウイルスの感染者が7711人となり、死亡者が170人になったと発表。その後、日本では前日に武漢からのチャーター便で帰国した邦人のうち3人がウイルスに感染した事が確認された。

(2):独経済指標 概ね予想通りの結果に

独1月失業者数は0.2万人減少(予想0.5万人増)、独1月失業率は予想通りの5.0%であった。その後に発表された独1月消費者物価指数は前月比-0.6%、前年比+1.7%といずれも予想通りの伸びとなった。

(3):BOE 政策金利(0.75%)を据え置き

英中銀(BOE)は金融政策委員会(MPC)を開き、政策金利(0.75%)と資産買取りプログラムの規模(4350億ポンド)の据え置きを発表。英政策金利先物が5割弱の利下げを織り込むなど、見方が割れていたため、据え置きを受けてポンドは急伸した。議事録も同時に公表され、据え置きの決定が7対2であった事が明らかになった。こちらも、直近の発言から利下げ支持(据え置き反対)が少なくとも3-4人になるとの見方があったため、ポンド買い材料となった。

(4):米10-12月期GDP 個人消費大幅に減速

米10-12月期国内総生産(GDP)は前期比年率+2.1%と市場予想(+2.0%)を上回る伸びを示した。ただ、GDPの7割前後を占める個人消費は+1.8%と予想(+2.0%)を下回り前期(+3.2%)から大幅に減速した。

(5):WHO「緊急事態」を宣言

世界保健機関(WHO)は中国の新型コロナウイルスの感染拡大について、国際的な「緊急事態」を宣言。ただ、「中国との取引や旅行の制限は提言しない」とした上で、テドロス事務局長が「この宣言は中国への不信任投票ではない。WHOはむしろ感染拡大を制御する中国の能力を引き続き信頼している」などと述べた事で過度な警戒感が緩み米国株が反発。円には売戻しが入り、ドル/円やクロス円は反発した。

30日(木)の株・債権・商品市場&外為注文情報

f:id:gaitamesk:20200131101928p:plain

ドル/円の見通し:
市場ムードの大きな好転は考え難い

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルスは中国本土の感染者が7700人を超え、米国でも初めてヒトからヒトへの感染を確認。

こうした中、世界保健機関(WHO)は、前回見送った「緊急事態」を宣言した。ただ、WHOのテドロス事務局長が「中国との取引や旅行の制限は提言しない」と述べた事などから過度な懸念が後退し、米国株は反発して取引を終えた。WHOの「緊急事態」宣言により、各国が感染拡大防止に向けた協調を強めるとの期待も浮上する中、本日のアジア市場の動向が注目される。特に、昨日大きく下落した台湾株や香港株の動きに注目したい。市場心理の悪化に歯止めがかかれば、ドル/円の反発も見込めそうだ。とはいえ、週末を控えて市場のムードが大きく好転する事は考えにくく、109円台前半では上値が重くなりそうだ。

本日の注目イベント

f:id:gaitamesk:20200131101955p:plain

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top